八尊光倫会 聖尊殿堂
トップページ > 聖尊殿堂を楽しむ > 岩満羅門の「超霊力・予言力」

「謎」がいっぱい

私は最近あまりブログを出しません。
それは私の所へいらっしゃればそれで良いと思っているからです。
最近よく思う事は、人間というのは恐ろしい心を持っていたり、優しい心を持っていたり、一体どのような人間なのか全て謎なのです。
今の世の中にあることも謎だらけです。
どうして子供をウサギ小屋に監禁するのですか。どうしてちゃんと育てないのですか。何故ちゃんと食事も与えないのですか。
この親たちはどの様な考えを持っているのか謎です。
世界の色々な事件を調べても、恐らくウサギ小屋に子供を入れておくと言うことは、世界に類を見ないのではないでしょうか。
これは日本人として恥ずかしい事ですし、そういう人種として見られると言うこともとても恥ずかしい事です。
先日の老人ホームの事件もそうです。
どうしてご老体のお年寄りをベランダから投げ落とすのですか。
これが人間のする事ですか。どうしてそんなに残虐な事が出来るのでしょうか。私には謎です。

戦争は残虐だと言われますが、今生活している人間の心の中に、その残虐性が沢山ある事を嘆かわしいと思います。

世の中の空気は何となく話題が戦争に向いています。
我々日本人は割合呑気にしていますけれども、その戦争の噂が立っている所の人達は、戦々恐々としていると思います。
戦争は地震と同じように、いつ来るか、いつそうなるか分かりません。
だから常に心構えだけはしておかないといけないと思います。
そして、必ず誰かの支えがないと人間は生きていかれません。
寂しさや悲しさというものに人間は非常に弱いのです。
そして孤独と言う事に関しても人間は弱いです。
誰かがその人を支えていかなければ、人間の魂は育っていきません。
愛するならとことん愛して、恋するならとことん恋して、そうして毎日意義ある日々を送って欲しいと思います。
嫌な事は確かにあります。嫌な人間もいっぱい居ます。良い人もいっぱい居ます。その狭間の中で、人間は頑張って生きていかなければないらない。
やはり支えていただくという事が大事でしょうね。

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、もう少しで春の御彼岸です。
人間は魂というもので生きています。
もちろん霊の事もそうですが、やはり自分の御先祖、そして自分の御縁者、亡くなった方の魂の癒しである、春の御彼岸、秋の御彼岸はきちんとして差し上げるべきではないでしょうか。
今は、信仰離れと言うことをよく言われますが、私は決してそんなことはないと思います。やはり心の中には、御先祖を敬う、その何百年の歴史が宿っていると思います。
例えば、人間には好きな異性がいると思います。その異性を思う時は愛とか恋とか言いますけれど、そう思う気持ちがあるならば御先祖様を敬い、愛し、懐かしく考える事も同じだと思います。
どうか御彼岸を忘れないで感謝供養をしてください。
しっかり御供養してくださいね。

羅門

とうとう世界中が戦争に巻き込まれる

今日ブログを出すつもりはなかったのですが、北朝鮮のミサイルがとうとうアメリカに届く事になって、人間の生活ががらりと変わります。
この様な世界情勢になって、私も非常に緊張してこのブログを書かなければいけないということを、非常に残念に思っております。

北朝鮮がミサイルを発射して、北朝鮮からアメリカ大陸のニューヨーク、またワシントン、サンフランシスコまで、そのミサイルが飛んでいく距離を確認しました。我々の同盟国であるアメリカが脅威にさらされているということになりました。
と言うことは、北朝鮮が戦いになればアメリカのワシントンやニューヨークは戦場になるわけです。当然、日本も同盟を結んでいますから戦いということになるでしょう。
早い話が、いつ戦争が起きてもおかしくないし、どちらもみんな戦えるという事です。
そして愚かなる人間は、戦う事しか能がないのですね。
戦えば戦争が終わると思っていたら大きな間違いです。よく考えてください。
この七十年・八十年の間に戦争をしていない国は無いんです。
もちろんスイスや日本は戦争をしておりません。でも、他の国は戦争をしているんです。それが絶えないと言う事なんです。
そして人間の生活も、戦いという事に関して敏感に生活をしております。

それからもっと先になって書こうと思っていました、体の問題です。
政府の公報では二人に一人は癌になると発表しています。
色々な癌があります。肝臓・腎臓・脳、頭の中ですね。それから胃や体中全部、名前がある所には癌があるわけです。
これは非常に残念ですが、医学ではどうしてよいのかはっきりは分かりません。手術をして助かる場合と無理な場合とがあります。
そのように生活の中に、暗い医学があるのです。
誰でも病気になるのは嫌ですし、癌で死ぬのも嫌です。
ただし、ここでみんなが忘れている事は、健康でありたい、癌なんかになりたくない、癌が無くなってくれないか、癌が消えてくれないか、そうみんな考えていますが、実際にはそうなるように実行しないと言う事です。
この癌を消して欲しい、無くなって欲しい、健康になって欲しい、そう言う気持ちで手を合わせて、神や仏に祈る人がいるのでしょうか。
そのつもりはあるでしょう、祈っているつもりは。
でも実際に、身も心も神仏に委ねて、自分の健康を願っている人が本当にいるのでしょうか。
癌になったら仕方がない諦めると言って、祈る事もなければそう言う場所があっても、別に死ぬんだから構わないと言う。退廃的になって自分の人生を諦めている人があまりにも多いです。
そうなると、二人に一人は癌になると発表があっても、何の関係もないわけです。そこには人間の情熱とか、健康を望む心の躍動とか、癌になんか負けてられないぞとか、仏に祈り神に祈りどうか私の体を健康にしてくださいという謙虚さ、そういうものが無くなってきました。
日本は自分に冷たいのですね。自分の病気に冷ややかであるのでしょう。
ですからこの先どんな事があってもこの癌は治す。この癌は撤去する。神様または仏様、どうかお力添えを下さい。そう言う気持ちが日本人にない。
これは退廃的で失望的です。
それは大変な事で、私の考えではこれらが無いのは日本のみだと思います。
欧米でもやはり神という存在は非常に大事にします。

自分が癌になったら、自分の親兄弟が癌になったら、飛び込んでいらっしゃい。
私の「大法行」というのは祈りなんです。
「大法行」というのはその人の心に成り代わって、祈り続けていく事なんです。
「大法行」というのは健康になる為の光です。
あなた方に修行をしなさいとは言っていません。
医学的には根拠がないと言われますが、私はそうは思っていません。
祈る心は精神です。
これは人間の美しい心の健気さです。

私なりに悲観的な考えもあります。どうして分かって貰えないのか、どうしてと言う事が余りにも多すぎると言う事です。
人間はお金という事に関して非常に貧しい心を持っています。そもそもお金というのもは人間が作り出した物です。そのお金という物に、自分の心、そして体、健康、愛情、全て支配されていると言う事がよく分かります。
人間という物はそんなに寂しい生き物なのでしょうか。
色々困る問題も出てきます。しかし、困ったから諦めるのではなくて、そこを乗り越える情熱を持つべきです。そして、その考えを持つ事です。

最初にも書きましたように、戦争が始まりそうな気配です。
三〜四年掛からないと思います。そして地震もだんだん増えてきました。火山もおかしな状態です。
その時、人間として今生きている自分達としては、出来る事を一生懸命やる、人を信じる、そして祈りという事に関して、本当に心の底から神仏にお願いして、自分も神仏に立ち向かっていかれるくらいの情熱が欲しいです。
どうか平和を願い、戦争にならないように祈り、そして健康も、癌が克服できるように神仏に祈っていく心を持ちましょう。

毎月第二・第四日曜日は御法話会がございます。
皆さんの為に御法話を申し上げたいと思っております。
法話というのは一つの教えです。私の教えが皆さんに届けば、こんなに神仏が喜ぶ事はないと思います。
御殿場のアウトレットから500m位の場所にございます。環境も良い所です。
心の中に自然というものが奏でるせせらぎが聞こえるような場所です。
どうか、今までご縁の無かった方も御来山なさって法話を聞きにいらしてください。

羅門

2016年 新年のご挨拶

新年挨拶2016

新聞広告のお知らせ

2015年12月11日の読売新聞に「死の先へ」の広告が掲載されます。

「死の先へ」購入→アマゾンはこちら

「魂と死の品格」購入→アマゾンはこちら

八尊光倫会トップページはこちら

「死の先へ」が発売されました

岩満羅門御聖祖の著書「死の先へ」が鳥影社より発売されました。

死の先へ 〜あなたの知らない死に際から、その先へ〜
死は絶望ではなく新たな世界への旅立ちであり、大いなる始まりです。ちょうど蝶がサナギから抜け出し、広い世界に旅立つように、私たちは新たなる世界に向かって脱皮してゆきます。身悶えるような脱皮の過程を、私たちは「死」と呼んでいます。


アマゾンでの購入はこちらから


八尊光倫会トップページはこちら
アクセスの多いページ
  • 御本尊 聖観世音菩薩 尊像ダウンロード
  • 東日本大震災御供養 釈迦如来尊像ダウンロード
  • 魂の涙 加羅羅観音(水子供養)尊像ダウンロード
吉祥輪廻日

羅門の実行言葉
あなたの生年月日と性別は?


日生まれ
男性 女性
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ