ブログネタ
地震 に参加中!
昨日は大地震が来るとかいうことで、不安になった人がたくさんいたようですが、被害が出るような大きな地震はありませんでした。もっとも、そんなことは私が以前から申し上げていたのですが、無事で何よりだったと思います。しかし、昨日も日本のあちこちで、被害の出ないような地震は起きました。特に奄美と新潟と宮城は震度3だったそうです。これも以前からお話ししていますが、周りから地震が起こり、それはだんだん中央へ寄ってきます。どうぞ、そのことを頭に入れておいてください。
以前にもブログに書きましたが、日本人は地震の巣の上に住んでいるようなものですから、地震に遭うということは絶対に避けられません。

地震は、人間の手で止めることは絶対にできません。だからこそ、多くの人々が恐怖心を抱くのだと思います。地震が起きたときにその人の生命に大きく影響することは「運が良いか悪いか」ということです。私が守って差し上げます、というのは正にそのことなのです。

今回のことで思いましたのは、大きな被害が出るとか、人が何人死ぬとか、そういうことを言うのは自由ですが、それによって迷惑をしている人がいるということを、考えなくてはいけないということです。私のブログにコメントをくださった人の中に、今回の件で防災意識が高まったという人がいらっしゃいました。それは良いことなのかもしれませんが、一方で、不安でしょうがないとか、鬱っぽくなったとか、そういう人もいらっしゃいました。そういった人たちに対して、ただ不安を煽るようなことを言ったことに対して、一体どう責任を取るのでしょうか。以前には「株価が5倍になる」と言った会社が潰れてしまったという話もありました。予言をするのなら、確実でなければいけないのです。それを「何がどうなれば前の予言で言ったことは起きない」とか条件づけるようなことを後になって言うのは、私には責任逃れにしか思えません。
私の予言は、先を見通す力でもある「超霊力」によって行うものです。私の意志とは関係なく、聖霊界からの情報が頭に浮かんでくるのです。
しかしこの私の予言は、そこに人間の考えと言いますか、人間の意志が絡むようなことがあると、結果が変わってくることがあります。これは、予言をした時点では確かにそうなるのですが、人間の意志というのはそれだけ強く、一方で変わりやすいものなのです。前向きな固い意志もそうですし、煩悩や因縁のような邪悪な意志もあります。私は時々そういう意味で、人間は怖いものだと思うことがあります。
しかし、この「人間の意志」というのは、地震に対する日頃の備えとか、物事に対する運の強さと、非常に密接に絡んでいます。私が地震に備えなさい、運を持ちなさいということをブログに何度も書いていることは、そういった理由があるからなのです。ここで、私が言いたいことは、その運を持つための一番の近道が、私と縁を持つことだ、ということです。運の向きを変えるということは、人間の力ではどうにもならないこともあるのです。

地震に限ったことではありませんが、何事に関しても、何日か前になって慌てて準備をしたり、心配をしたりするのでは遅いのです。そういう人は大概「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言われるように、その事が起こらなければそれで安心してしまって、自分がその時どれだけ不安になったり騒いでいたりしたかを、コロッと忘れてしまうものです。そういう人は、本当に本当に、たとえば大きな地震が起きると言われた時には、また慌てて準備を始めて、結局何も出来ずに大地震が来て、終わってしまうものです。そういう人は地震に限らず、日常生活の何事にも「備える」という気持ちを持っていないから、地震に関することでもそういう行動になるのです。私がブログでも「地震に対して日頃の備えが必要」ということを書いているのは、そういうことなのです。
しかし、いくら準備をしたからといっても、人間の力ではどうにもならないことが「運」なのです。「人事を尽くして天命を待つ」と言いますが、運のない人がいくら「人事」を尽くしても、良い「天命」は与えられません。
今日、これから御法話でもお話しする予定ですが、この「運」というものをもっと重大に捉えていただきたいと思います。昔から、「命あっての物種」といいますように、命がなければ、何も始まりません。本当に「一寸先は闇」のこの世の中で、どうやって生きていくのかを本当に考えなくてはいけません。