ブログネタ
飛行機 に参加中!
飛行機これは予言ではありません。こうした方がいいという、私の考えをお話ししようと思います。時事放談になりますか、私の考えということで、法話になるのでしょうか。
今日取り上げてみたいのは、飛行機の問題です。

日本航空が福島空港から撤退するそうです。一日に何便もあったのですが、来年の1月の終わりで撤退するのです。旅行会社などは、飛行機が飛ぶということで色々な計画を立てていたと思うのですが、それを急に辞めてしまうというのは、しっかりとした見通しを立てていないからということになります。
静岡でも空港を建設中で、来年の春頃に開港だそうです。これは所々しか知りませんが、あの飛行場はおそらく3年、4年、5年とずっと赤字が続くと思います。赤字が続くということはどういうことかと言えば、飛行場を作るということに対して、計画が実に甘いということです。私の感覚では、飛行場と鉄道関係が合同して計画を立てていないということです。
私は、例えば新幹線が羽田空港の下まで行って、そこをちょっと迂回して東京へ入っていくという新幹線があったら、ものすごく便利だと思うのです。実に早くなります。今、例えば静岡から国際線に乗るために成田まで行くとなったら、やはりトータルで3時間ちょっとかかります。3時間といえば何のことはない、成田から香港や台湾、もちろん韓国まで着いてしまう時間です。新幹線の計画を考える人と、飛行場の計画を考える人とが違っていて、バラバラに考えているから、そういう事態になるのです。日本人はそういった計画が実に下手くそなのです。だからこういうことになるのです。結局はあまり良いことではないと思うのです。
それから、関西の方でも飛行場が3つくらい重なっていまして、どれがどうする、これをどうする、と色々なことを言っていますが、何だか小学生のホームルームみたいなことをやっています。早い話が、日本は何でもとにかく飛びつくところがありますが、しっかりとした計画を持っていませんし、しっかりとした将来のイメージが作れていないのです。私はそういったイメージに関しては、すごく自信を持っています。

例えば今、市町村レベルでも国政レベルでも、何が良いとか悪いとかいう議論をしています。例えば年金がどうのこうのとか、お年寄りの医療の問題などがあります。そして、その財源をどこから持ってくるかという話になります。お年寄りのために消費税を上げるとか、いろいろな事を言っているようです。
しかし、我々が今考えなければいけない問題は他にもあるのです。日本の国政として、実際に背に腹は代えられない状況になっているということです。例えば今、日本には何人ぐらいの外国人が入国してきているのか、きちんと調べなくてはいけないのです。
そこで私が考えることは、まず思い切って羽田空港を国際線が飛ぶ空港にします。成田空港は、いずれ日本の憲法が変われば、立派な空軍の基地になると思っています。とにかく羽田空港に国際線を整備して、羽田の地下に大急ぎで新幹線を作って便利になるようにします。そして羽田の近くに、それは東京湾の中でも、お台場でも良いですし、少し行ったところにはディズニーランドもあることですし、とにかく羽田に近くて交通の便利なところへ、カジノを作ったらどうでしょうか。東京でも大阪でも良いですが「日本のラスベガス」を作るべきです。そのギャンブルからは膨大な収入が上がるはずです。一番良いのは、それを国営でするのです。そうすれば外部から変な人たちが入って来ることはありません。
日本人はとにかく真似ごとが大好きですから、それならばまず韓国のウォーカーヒルや、マカオにあるようなシステムを、しっかり勉強することです。そうすれば私は3〜4ヶ月でシステムは取り入れられると思います。そしてそれを国営にして、その利潤を全部お年寄りのために使うことが良いと思います。
外国から来る人たちは日本へお金を落としていくのです。ということは、日本で遊ぶわけです。今さら京都で、昼間の観光でウソの舞妓さんを見せて、これが京都ですとか言ってもダメです。そうではなくて、外国の観光客を本当に楽しませるのは「東京ラスベガス」でしょう。外国から黒船が来ているわけですから、もうここで大きな目を開いて、大きな決断をしないと、背に腹は代えられません。日本は結局北朝鮮にだって、何十年も相手にされていないような、力のない国ですから、格好良いことを言ってもダメです。

こういったことを書くと、いろいろ反対のコメントもあると思いますが、背に腹は代えられませんから、私は気にしません。反対する人は、どうぞその老人福祉のお金を出して下さい。そういう力があるのなら、どうぞ何でも反対してください。とにかく今のこの状態は、変えなくてはいけないのです。思い切ったことをして、国民が変えていかなくてはいけません。
多数決の世の中ですから、50%ちょっとの人がやりましょうと言えば、出来るのです。それで「東京ラスベガス」でも良いではありませんか。新幹線を羽田に着けて、羽田を国際線にする。大きな事をどんどんやることが必要ではないですか。要するに格好を付けないことです。これは宗教的な意味で言っているのではありません。やはり今の日本のやり方は間違っていると思います。正しく国政を考えて、早くやることです。考えましょうなんて言って審議している暇なんてないのです。トントントーンと早くやるべきです。それが私の意見です。