ブログネタ
アメリカ大統領選挙 米大統領選 に参加中!
アメリカ 国旗オバマ氏が次期アメリカ大統領になることは決定しましたが、オバマ氏は、イラクからアメリカ兵を撤退させるという約束をしています。撤退してどうなるかということを申しますと、私は2通りの危険があると思います。

まず一つは、オバマ氏は当選すると暗殺されるのではないかという話が出ておりますが、これは、私は90%あると思います。アメリカとしては何をさておいても、その危険性から救わなければならない、防がなければならないですから、ありとあらゆるセキュリティの手を打つと思います。これが残りの10%です。
暗殺者というものは、相手のすべての行動を、秒単位で綿密に調べ上げます。暗殺というのは、一番やりやすい場所でやるのでしょう。それが90%です。結果があとの10%に動くかどうかは、セキュリティの問題です。

それともう一つは、オバマ氏が在任中の4年間の中で、いくらイラクから兵隊を引き上げたとしても、新たな核戦争が必ず起きます。その時には、世界の人口というものは非常に減っていくでしょう。
皆さんもドミノ倒しというゲームはご存じだと思いますが、あれと同じように、地球上の各国が、核戦争によってドミノ倒しになっていくということがハッキリ言えます。そんなに長い時期ではありません。本当に3〜4年かその間でしょう。もう世界のどこの国も、対話をするとか待つとか考えるとか言っている時期は、もう終わったのです。早い話が思い切ってボタンを押す、それしかないでしょう。
人間は結局は、煩悩の塊ですから、利益の方向に人間は傾いていきます。地震は天災ですが、核戦争は天災ではありません。人間が人間を殺すために、ボタンを押すのです。予言としてハッキリ申し上げられることは、一番怖い場所はやはり□□□でしょう。□□□で皆さんが思ってもいないような核戦争のきっかけができてくると思います。

北朝鮮今日は北朝鮮の問題もお話ししておきます。
北朝鮮は日本のことは頭からバカにしております。早い話が、日本の国民を盗んでいったのです。そして日本が返してくださいと言っているのに返しません。それどころか威嚇をしてくるのです。果たして、そういう国民と対話ができるのでしょうか。
そうは言っても、日本人は、自分のことでなければ他人事と思っていますから、北朝鮮にさらわれていった、拉致をされた人がいても、その人たちを震えて泣いて叫んで助けようとはしていません。お座なりに時が過ぎていくだけというのが、この問題でしょう。
金正日は死んでいます。もう今は生きていません。後はいつ発表するかということを、北朝鮮が決めているときでしょう。金正日が死んで、もういないということは、アメリカの政府機関はみんな知っています。それでも言わないのです。北朝鮮は地球上から見ると小さな国ですが、その国にアメリカも振り回されているということです。なぜかというと、核兵器を放棄するという約束をしていますが、これは言葉の上であって、北朝鮮はしっかりと核兵器をいっぱい持っています。しかも作り方まで他の国に指導しているのです。核戦争は近いです。これは別に恐怖を煽っているわけではありません。自然に来ることであって、そういう時が来たのです。ただそれだけのことなのです。