ブログネタ
生き方を考える に参加中!
鳥居最近、色々な情報が入ってきますが、手前どもの方でもひしひしと世相が変わった、世界が変わったと感じております。それは非常に残念なことだなと思います。それはどういうことかと言いますと、信仰心が薄れてしまったということです。

例えば、神社へお参りに行くとか、お寺へお参りに行くとかいう形で、神仏の世界に足を運ぶということ自体も、だんだん遠のいています。それで仏の世界には観音様もお釈迦様もいらっしゃいますし、神の世界にはキリスト様もいらっしゃいますし、昔から伝わっている色々な「神」という存在は、今も厳然としてあるのですが、そういう信仰心が現代の日本人にはだんだん無くなってきたのです。
そして、信仰心が無くなってきたことによって、色々な弊害が出てきていますし、世界の色々な国でも、日本人は信仰心がないと言われているように思います。残念なことに、それによって色々なことが良い方向へ行くのかと考えたら、そんなことは全くありません。神仏を離れて、信仰心も離れて、神の話、仏の話が全く無くなってくれば、小さな子供達に対する影響が、絶対にどんどん出てくるわけです。やはり精神の世界というものは、子供に伝えなければなりません。
私が以前のブログに書きましたように、小さな子供が悪いことをすると
「お巡りさんが来るよ」「パトカーが来るよ」
と親が子供を脅す教育、それが今なのです。だけど私たちが小さかった頃は
「そんなことをしたらのんのんさんに怒られるよ」「ほら、のんのんさんが見てるよ」
という言葉で育った記憶を持っております。

やはり神仏に対してもっともっと執着を持たなければいけません。厳然として存在している神や仏に対して、不遜な行動があってはいけませんし、怠け者であってもいけないと思うのです。世の中、神に救われた人も、仏に救われた人もいっぱいいます。そして今も心の中で、神仏に手を合わせて「今苦しんでいます、悩んでいます」ということを、神仏に対してお話をする精神的な気持ちは、私は消えていないような気がいたします。

いつも私のブログを読んでいただいて、ありがとうございます。私は大変それを嬉しく思っております。今日のことについても、もう少しまた続きを書いていきたいと思います。昨日ブログに書きましたガン患者のお話についても、また書いていきたいと思います。その他の色々なことも、色々な角度からお話ししていきたいと思っております。どうぞまたブログをお読み下さい。いつも有難うございます。