ブログネタ
新型インフレエンザ問題 に参加中!
angryできちゃった結婚についての話を、第1弾第2弾と書きました。実際のところ、私にはそんな資格は何もないのですが、腹が立って仕方がないのです。ですから「私、怒ってます」という感覚で書いています。
新型インフルエンザが世界的に蔓延したと言っています。

日本で新型インフルエンザになる人は、確かに多少は出てくると思いますが、何もかもクローズしたりして、大変な騒ぎになるということはありません。ただ、今後のことについては、インターネット会員縁籍会員にはすでにお話をしてあります。
ジュセリーノはインフルエンザで7300万人ぐらいが亡くなると予知をしたそうです。ジュセリーノを絶大に信頼している人は、日本の国内にはもの凄くいるのです。それは好き好きですから、それはそれで良いと思います。ただジュセリーノが正しいとか正しくないとかいう問題よりも、日本人があまり被害に遭わないように、インフルエンザに負けないように、頑張ってもらいたいと私は思います。
ただ、ちょっと気に入らないことが1つあります。それは、テレビのチャンネルをどこに合わせても、いつテレビを付けても、インフルエンザのことで同じ事ばかり何回も言うことです。
まず「帰ってきたら手を洗いなさい」と言っています。ちょっと待ってくれと思います。人は普段、外から帰ってきたら手を洗わないのですか?
例えばお勤めに行って帰ってくれば、電車の吊り革に手を添えたり、駅の手すりとか色々なところを触ったりして帰ってくるでしょう。それはやっぱり無差別です。誰が触った後かはわかりません。世の中は汚い人ばっかりだとは言いませんが、やっぱり自分の健康は自分で守らなければいけないのです。外出して帰ってきたら手を洗うというのは、普段誰でも毎回やっていることではないのでしょうか?
それを「手を洗ってください」とかテレビで言いますと、あたかも誰もやっていないようですね。
「皆さん帰ってきたら手を洗ってください」
「石鹸でよく洗ってください」
「指と指の間もよく洗ってください」
何か幼稚園の先生に教えられているようですね。これでは、日本人は普段手を洗わないんだと外国の人がそう思っても、やむを得ないですよ。
それから「帰ってきたらうがいをしましょう」これも当たり前でしょう。インフルエンザ云々は関係なく、お勤めから帰ってきてちょっと風邪っぽいとか、喉がガラガラしているとか、乾燥しているとか、そういうときは誰だって公衆衛生として、うがいぐらいしているでしょう。それなのに、赤ちゃんを諭すように「帰ってきたらうがいをしましょう」と、テレビ局が言うのですよ。それは確かにインフルエンザに対する予防というものは、国民一人一人、皆が注意をしていかなければなりませんし、蔓延しないように注意をしなければなりません。しかしこんな当たり前のような
「帰ってきたら手を洗いましょう」
「マスクをしましょう」
「うがいをしましょう」
参りますね。どう考えたらいいのですかね。

面白いニュースが入っています。関西の方では学校がお休みだそうです。それは予防のためには仕方のないことかもしれませんが、高校生が大勢でカラオケに行っているそうで、カラオケ屋さんが満員だそうです。日本人というのは歌の勉強が好きなのですね。ビックリしました。カラオケが終わったら喉を使ったのですから、手を洗ってうがいをしましょう。そしてカラオケ屋さんを出るときは、学校をサボってカラオケをやっていることがばれないように、顔に大きなマスクをして街を歩きましょう。これが今日、私が言いたいことです。
まだ怒っていることがたくさんあります。この次はもう1回「できちゃった結婚」に戻って文句を言うつもりです。私、怒ってます。それではまた。