ブログネタ
気になったニュース に参加中!
怒ってます昨日も「私、怒ってます」という題名でブログに出しましたが、鳩を絞め殺すなんていう可愛そうなことは、私にはできません。何の罪もない鳥にそういうことをするということが、私は許せません。それから犬の話もそうです。どうしてそんな犬の飼い方をするのか、私は可愛そうで見ていられません。
ただ、これに関して大変怖いことがあります。それは、我々が怖いということではありません。


そうして鳩の首を絞めて113羽も殺すようなことが平気で出来る人は、もうそれは人間というものを離れてしまっていますから、魂の場所である聖霊界から下る罰というのは、ものすごいものです。もちろん、昨日書きました犬の飼い主もそうでしょう。猛烈な罰が来ます。別に皆さんに恐怖を与えるために私が言っているのではありません。怖がるのは悪いことをした人ですから、それは勝手に怖がったらいいと思います。
聖霊界からとんでもない罰が下ると書きましたが、何が怖いかと言えば、その罰が何と4代ぐらい続くということです。罰が当たるというと、昔から「身体のご不自由な形で子供が生まれてくる」とかいうような、ちょっと曲がった説法がありましたけれども、聖霊界というところは、そういうおぞましい罰の当て方はしません。ではどうするのかと言えば、そういう人たちを絶対に幸せにさせないのです。そういう鳩を殺すような罪を犯したり、犬をいじめたり殺したりする本人よりも、その人の子供や親族といった関係者に対して、その先4代ぐらいは絶対に全く、幸せの「し」の字も味わえないようにするのです。さらにもの凄いことに、その人たちは段々と口もきけなくなってくると思います。つまり、人と話をしたり、子供と話をしたり、そういうことができなくなってくる可能性が強いでしょうね。

もう1つ、これは昨日お話ししようと思いました話ですけれども、今日本では、ニホンジカが猛烈に繁殖しているそうです。今、駆除をしなければいけないニホンジカは、何と全国で9万頭いるそうです。温暖化が原因でシカが増えたとか言っていますが、どうしてもっと早く手を打たないのですか。駆除は定期的にしているようですが、こんなに増えるまで一体何をしていたのですか。これですから何でも日本は後手後手と言われるのです。そして、いざそういう事になったら、どうしようどうしよう、さあ会議だ。日本ってどういう国なんでしょうか。
いくら被害が出るからとは言っても、何の罪もないシカを9万頭も殺すなんていうことは、本当に可愛そうすぎませんか。世界のどこかに、観光用にシカが欲しい国はないでしょうか。動物愛護ということの下に、シカが欲しいという国がいたら、是非そこへ運んであげて下さい。奈良にいるシカは観光客から可愛がられて、一方で山で自然に生まれて増えてしまったシカは、銃で撃たれるのです。いや本当に可愛そうですね。

聖霊界も忙しいですね。本当に皆さん、強烈な勢いで罰は当たるのです。どうかそれだけはわかっていて下さい。