ブログネタ
中国・韓国・北朝鮮外交問題 に参加中!
怒ってます今日は昨日に引き続き、北朝鮮のことについてブログを書いていきますが、ここで大事なことをこのブログではっきり書かなければなりません。
それは、アメリカは北朝鮮のことをどう思っているかということなのですが、私は何とも思っていないと思います。思っているふりをしているだけです。

オバマ大統領は、色々な国から核弾頭を無くしていきましょうという運動をしています。しかしそれはそう言っているだけで、いくら日本が北朝鮮のことで騒いでも、日本のためにアメリカが動いてくれるということは、まず100%ありません。
なぜかと言うと、アメリカは今、北朝鮮の問題よりも、自分の国の経済の立て直しに必死なのです。オバマ大統領だって政策が間違っていることは、本人が知っていると思います。みんながあのワシントンの広場に集まって、20万人以上の人が「オバマー」と叫んで大統領就任を喜びましたが、オバマ大統領にどこまで経済を見ていく力があるでしょうか。私は大変難しいことだと思います。今オバマ大統領は自分の国の経済を立て直すことが先決で、核弾頭を無くしましょうと言っているのは、国連的に言っているだけです。北朝鮮が何を言ったって、アメリカの問題ではありませんから、日本に対して「そんなに驚異に感じるのなら、日本で処理しなさい」と言われても仕方がないことです。核弾頭だって、アメリカまでは飛んでいきません。もしハワイの上を飛び越えていったら、これはお見事と言ってあげます。全然飛びません。そして「お見事に」アメリカに1発落としたら、その何分か後には北朝鮮という国全部が無くなってしまうのは分かりきっていることですから、北朝鮮はアメリカは攻めません。
ただ北朝鮮は、日本に対しては、おいしくてよだれを垂らしているでしょうね。日本はおいしいでしょう。日本を攻めれば、何もしなくても素晴らしい建物がいっぱい建っていますし、東京タワーも手に入りますし、それは凄いことです。それに対して日本は、平和平和と言って指をくわえて黙って見ているだけです。平和を好むならそうするしかありません。でもそれを北朝鮮はガンガン攻めてくるでしょう。
地球温暖化という問題よりも、この核戦争に関しては、これから大きな進展をしてくるでしょう。年金問題どころではありません。それからインフルエンザの問題も心配はしていますが、核弾頭の前ではインフルエンザなんていうのはどこかへ飛んでいってしまいます。マスクをすれば核弾頭から守れますか。大変な問題です。
日本では北朝鮮の問題は何とかなると思っているかもしれませんが、何ともなりません。
それから拉致被害者の皆さんにご同情を申し上げます。拉致をされた皆さんは、残念ながらお戻りになりません。なぜなら、日本は北朝鮮に「返してください」と攻めていくこともできないのです。拉致の皆さんを見殺しにするのが、日本の憲法かもしれません。本当に寂しく、本当に腹が立ちます。
そこへもってきて、本当に世界が平和であるように祈ろうと思っても、日本の国民は今、祈るということを忘れてしまいましたし、神様でもなければ仏様でもないと思っていますから、守りようがないし、祈りようがないのです。こうして北朝鮮のなすがままになって、じっと下を向いているだけというのが、今の日本でしょう。そして、誰も祈ってはくれません。なぜなら日本人はみんな祈りを捨ててしまったのです。信仰を捨ててしまったのです。その立派な統計が我々聖尊寺にあります。
皆さんにどれだけ尽くして、こうですよ、こうなりますよ、と色々なことを説いても、誰も振り向きません。それでいいんです。我々は日本よりも、どこかの誰かを救わなければいけないということに目を向けなければならない時が来ました。
それでは平和な日本より、いっぺんここで筆を置きます。