今日は月曜日ですから、皆さんもお仕事をどんどん頑張っていらっしゃると思います。
私は瀬戸内寂聴さんが大好きでして、大変尊敬をしております。

寂聴さんは今87歳です。私が寂聴さんの年齢から感じるものは、やはり幼い時からの色々な経験と、人間の匂いが本当にプンプンする若い時の人生、そして出会い、別れ、そしてその人生の締めくくりとして得度をして、仏の道を知るために寂聴さんになられた、そこには誰も何も言えないかけがえのない凄い人生が反映されているということです。その経験は決して誰にも負けない、そして誰にでも教えることができる人生の道を持っていらっしゃると思います。
私が寂聴さんを一番好きな点は、その波瀾万丈だった人生を考えるときです。大変辛かったことがおありだったと思いますし、号泣するような人生を歩いていらしたこともあると思います。私も七十の声を聞きましたが、寂聴さんの年齢に達するには、まだだいぶ時間が掛かります。まだまだこれから人生を勉強しなければなりませんし、神の世界、仏の世界をもっとしっかり勉強して、もっともっと深く突き詰めていきたいと思っています。

私が皆さんと一対一でお話をすることを、聖尊寺では「御霊示」という言葉を使っております。
しかし皆さんは、御霊示という言葉の意味がやはり良くわからなかったのでないかと思うのです。私もそこに余り気が付かずに普通に「御霊示」という言葉を使っていましたし、それでいいと思っていましたが、まだ神の世界も仏の世界も何もわからない方や、そういう世界にまだ余り興味がない方には、こちらから押し付けるような言葉で話をすることは失礼かなと思いました。ですから単に「ご相談」という言葉でも良いのではないということで、要するに人生のご相談としてお受けすることにいたしました。

その人生相談の中には、家族のご相談、それからご縁というものはどういう事かというご相談、人間関係のご相談とか、色々ございます。
病気の問題もあります。病気というのは医者の問題、医学の問題ですが、私は医者ではありませんし、医学的にお答えすれば、医師法に違反してしまいます。ただ、病気というものはその周りの人も関係するのです。そしてつらいのです。そしてその病気を早く全快して、元気になってもらいたいという心からの気持ちを、家族も持ちますし、その本人も持つのです。それに対してご助言を申し上げましょう、そして私の超霊力を役立てて下さいという話です。ですから安心して、ご病気のこともご相談なさって頂きたいと思います。
会社の中での問題は人に話せませんから、自分の中に溜まってしまって大変辛いことだと思います。
それから老後の問題もあります。こういう事があって老後が不安だとか、ご自分の血縁関係や家系の問題、子供の問題、跡継ぎの問題など、色々ご相談になって、さっぱりなさったらいかがですか。いくらでも私がご助言申し上げていきたいと思います。どうぞ持ってきてください。
再婚の問題もあります。再婚をしようと思うのは良いことではありませんか。引っ込み思案より前に進む方が良いに決まっているのです。夫婦間での浮気の問題も良くあります。不倫なんていう言葉は、いつの世もついて回る問題です。でもこれは人にべらべらと喋る話ではないので、私と二人でゆっくり話をして、解決策をしっかりしましょう。私の超霊力(不思議な力という言い方でもいいのですが)、それをどうぞ皆さんの幸せのために役立てて下さい。

今もう少しの用意をしましてから、この話に取りかかっていこうと思っております。そういう支度を今しております。どうかご期待いただきたいと思います。聖尊寺へいらっしゃる時にも、時間があるときはなるべく職員が車で、御殿場駅までお迎えしたいと思っております。そうすれば御殿場駅に着けばもう聖尊寺に着いたと同じですから、安心してお越しになれると思います。どうか不安を持たずにいらっしゃいませ。
皆さんのためということを考えて、色々な企画を考えております。きちんと決まりましたら、色々なことを皆さんに申し上げることができると思います。どうぞご期待下さいませ。