羅門聖霊界霊鑑託宣
 4月1日
御守護仏
文殊日
宇宙

4月1日『宇宙』
文殊日
この託宣を見ておりまして、宇宙ということが託宣で降りてきますと、やはり来たか、とうとう来たかと、そういう観念を持ちます。
皆さんは宇宙とはどういうものか、手探りでは知っておりますが、宇宙というレベルで考えれば、地球はそこに点のようにいるだけの存在なのです。
私どもの場合におきましても、宇宙力という言葉を特許庁に登録してあります。文字通り、宇宙の力ということです。昔ならばそういう言葉を使わなかったでしょうけれども、今はこういう科学の世の中です。人間の知恵の凄さや強さが表れて、宇宙に対して取り組んでいくことが可能になった時に、それによって知る宇宙独特の力、宇宙だけにしかない力、宇宙が持っている力、それを侮ることは絶対にできないわけです。素直になって、宇宙に従っていくべきなのが、人間のこれからの生き様だと思っております。
落とし穴

【落とし穴】

〔無理な行動や高すぎる目標は機会を失う〕

文殊日

【文殊日】の解説

「三人寄れば文殊の智慧」という言葉がありますように、現世の人間が生きていく上で、数々の苦難に遭うことがあっても、文殊菩薩は人生の智慧を授け与えます。ここに祈りて、人生安泰の智慧を授けられることが大切です。

「羅門聖霊界霊鑑託宣」の見方はこちらにあります。
内容を把握して、ご覧下さい。