ブログネタ
生きづらさ に参加中!
女性星魂術

星魂術とは、私がもう15年ほど前に発表した、人の魂が生まれ持った運命を知ることができる、魂の摂理です。わかりやすく言えば、秘密の法則とも言えます。
例えば、人生を登山に置き換えれば、山(人生)の地図(運命)は知っておいたほうが安心です。そして、頂上(人生目標)に向かって進むときに、いろいろな方法を見つけることができるのです。
星魂術の「星」は、宇宙に散らばる星ではありません。あなたが立っているこの星、すなわち「地球」を表現しているのです。人の運命は、この地球という星の上にあるのです。


他人の話をするときに、「あの人はああいう性格だから」などという形で、「性格」という言葉が出てきます。しかし、人を判断する時に「性格」では判断しないほうが良いのです。そして、何が起きても「性格」のせいにすることは間違っています。
人間は一人一人、生きていく環境が違います。それぞれの環境の中で生活しているのですから、あなたの生活も、家族も、友人も、仕事も、すべて環境と考えていいのです。人間の行動や考え方なども、すべて環境に含まれてきます。
「朱に交われば、赤くなる」という諺が一番わかりやすいかも知れません。例えば、今までの人生の岐路において、もし違う道を選んでいれば、今頃は別の人生を歩んでいたことでしょう。現在とは違う人々と出会い、違う環境の中で、違う性格が作り上げられていたはずです。ですから、「性格」は普遍的な本質ではないのです。つまり、「性格」は「本来の自分」ではありません。「性格」は、自分が生まれてからの環境によって、知らず知らず自分の中に刻み込まれていった仮の姿なのです。
人は母親の胎内にいる時から、「性格」ではなく、「魂」すなわち「霊魂性」という不変の運命を持って生まれてきているという事実を知るべきです。
この「霊魂性」こそが、星魂術の大切なポイントなのです。
もともと本来の自分とは「魂」なのです。人の「魂」すなわち「霊魂性」が、運命を握っているのです。「霊魂性」が、たとえ良くても悪くても、それがその人の本来の姿なのですから、その「霊魂性」を素直に受け入れてください。そして、「性格だから」という言い訳は完全にぬぐい去ることが大事なことです。
人間がこの地球に存在し、「魂」という「霊魂性」と合体していてこそ、そこに一人一人の「運命」が厳然と存在することになるのです。
言うまでもなく、肉体の一部である指紋も、顔も、同じものはこの世に二つとして存在していません。それと同じように、自分と運命が同じ人間は、この世に絶対に存在していません。そして「霊魂性」も、二つとして同じものはありません。
人生は本来の自分の本質で進むべきです。「性格」に自分を依存させていることは、間違っています。「性格」による人生は、いわば「仮りそめの人生」という言葉が適切かと思います。
人の運命のすべてを解明するためには、数々の「星魂術」の法則を知ることが必要なのです。

星魂術を知れば知るほど、運命の不思議さと神秘に出会うのです。そして人間が人間とからみ合う「縁」がつくり出す不思議な運命を発見することになるでしょう。霊魂性を通してわかってくることは、人それぞれの人間関係の本来の姿や、実体的な本質なのです。
ここ何ヶ月かのブログでは、「結婚縁と相性」について毎月書いていますが、これも星魂術に基づいた法則なのです。同じように私がこれから定期的に書いていこうと考えている「霊魂性」も、星魂術の法則の一つです。皆さんが生まれた月日をもとにして、「霊魂性」の特徴が決まります。同じ「星」すなわち地球に生きている、同じ人間として、同じような生活を送っているのですから、同じような霊魂性を持つことは、少しも不思議なことではありません。
ここまで読まれた方にはもうおわかりだと思いますが、星魂術は、占いとは全く違います。そこには、その月日に生まれた皆さんの本来の姿が描かれています。それを読まれて、「いや、違っている」と言われる方は、違っている分だけ、環境に左右され「性格」に依存した人生を送っているということになります。そこには良い特徴も悪い特徴も出てきます。しかし、本来の自分を知るということは、決して恐いことではなく、むしろ楽しいことのはずです。
これから定期的にブログに書いていきます霊魂性は、星魂術の中のほんの一部です。しかし、この一部分だけを読んだだけでも、あなたが持って生まれた魂の本質に気づくことがあるかもしれません。生まれた月日が文章に当てはまる方は、是非ご自分と照らし合わせてお読み下さい。そして、もしあなたがもっともっと、ご自分の魂の本質を知りたいと思われるなら、「奇跡鑑定」や「人生相談」で私とお会いしたときに、お教えしたいと思っております。