羅門聖霊界霊鑑託宣
 4月25日
御守護仏
不動日
縁

4月25日『縁』
不動日
縁という託宣、非常に意味深い言葉です。私も御法話で申し上げていますように、人と人との繋がりに深く深く関わっていることを縁と申します。あなたのお友達とあなたが知り合ったのも縁でしょう。もしあなたが結婚していらっしゃるならば、奥さんやご主人とは、無論、縁があってご一緒になられたと思うのです。ただ、悲しいことは、この縁があって一緒になっているのに、別れてしまう場合は一般論として「縁がなかったね」という言葉を使います。縁というものは、その人間の一生を大きく左右する一つの絆です。大切にしたいですね。
落とし穴

【落とし穴】

〔目の前の安全を確保して進まなければ板挟みに遭いやすい〕

不動日

【不動日】の解説

怒りの姿に偉大な力を示します。大日如来に代わって、仏教修行者である人間を守ります。強い信仰心を持つ人々の悪を断じて善を修し、大智慧を得て成佛させることができるといわれています。火生三味に入って一切の罪障を破り、動揺ひとつしないことから、不動といわれます。不動を祈りて己の煩悩を恥じ、それらを断じることが大切です。

「羅門聖霊界霊鑑託宣」の見方はこちらにあります。
内容を把握して、ご覧下さい。