羅門聖霊界霊鑑託宣
 4月27日
御守護仏
聖観音日
世渡り

4月27日『世渡り』
聖観音日
託宣で世渡りという言葉が降りてまいりましたが、この言葉のニュアンスは、あまり良いものではありません。この世知辛い世の中を、良くない社会の中を、生活を兼ねて縫って歩くようなことが世渡りです。「あの人は世渡りが上手だね」とか「世渡りが下手だね」とか言いますが、これは人間の生活の中の動きを良い表現ではなく、悪い表現をした言葉だと思います。あまり良い印象はありません。
落とし穴

【落とし穴】

〔怒りを爆発させても空回りするだけ〕

聖観音日

【聖観音日】の解説

聖観音日は、すべての災いがこの日には取り払われるとされています。聖観音は、数々の願い事や、人間の思いなどを聞き届けてくれる、仏として大切な守護仏です。別尊 聖尊寺のご本尊であることを忘れてはならない日です。祈願の仏です。

「羅門聖霊界霊鑑託宣」の見方はこちらにあります。
内容を把握して、ご覧下さい。