羅門聖霊界霊鑑託宣
 4月28日
御守護仏
千手観音日
苦労

4月28日『苦労』
千手観音日
生活をしていく上において、苦労というのは付きものです。その事の進み具合が苦しいということを苦労と言います。「あの人どうしてるかな」「いや苦労してるよ」そういう言葉で返ってくるときがありますが、苦労とは、人間にとっては消すことのできない道なのかも知れませんね、苦労はしたくないものですが、またしなければいけないものなのかもしれません。
落とし穴

【落とし穴】

〔仕事を進めるときには周囲の人と方針を確認し合うこと〕

千手観音日

【千手観音日】の解説

★ここに「千手観音日」の解説をコピペする!★「千」とは、広大無辺の意を表わします。千手観音は、多くの手の眼に限りない慈悲を表わす観音で、延命・滅罪・除病の功徳がある菩薩です。己(自分)の延命、己の滅罪(現世の罪)、除病を心より祈り願うことが大切です。けがれ無き佛の智慧を表わす菩薩です。

「羅門聖霊界霊鑑託宣」の見方はこちらにあります。
内容を把握して、ご覧下さい。