羅門聖霊界霊鑑託宣
 5月13日
御守護仏
勢至日
育ち

5月13日『育ち』
勢至日
育ちというのは、人間一人一人が育ってきた境遇や環境、それから、託宣に出てきました運・不運も関係してくると思います。育ちが良いとか悪いとかいうことが良く言われますが、誰が決めたのでしょうか。育つということは、自分が育っていく、自分を大きくしていくことだと考えなければいけません。育ちが良いとか悪いとか、他力本願的な考えは、託宣には適さないと思っております。良い方向に、自分で自分を素晴らしく育ててください。
落とし穴

【落とし穴】

〔専門外のことには手を出さない〕

勢至日

【勢至日】の解説

勢至菩薩は、観音と深く関わる縁がある佛です。勢至は観音より大悲(同情心)を得て、この世の人間の苦を取り除く大悲、人間に楽を与えていきます。人間の信仰心を高め、人を救うことに慈悲を持つ佛です。今の世の人々は、祈りによって勢至の力を与えられんことを願うべきです。

「羅門聖霊界霊鑑託宣」の見方はこちらにあります。
内容を把握して、ご覧下さい。