羅門聖霊界霊鑑託宣
 5月14日
御守護仏
大日日
初恋

5月14日『初恋』
大日日
初恋の話題が出た場合に、怒る人は一人もいません。何歳になっても、年老いても、初恋のことは何となく覚えているはずです。そして中には、どれが初恋だったか分からないようなハッキリしない場合もあるのです。
初恋の人が忘れられずにいる人がいっぱいいるかもしれませんが、ここで一度それをひっくり返してみましょう。この託宣に出てきたということは、あなたには初恋の人がいますかという意味ではなく、あなたの初恋はどういう人であったか、そしてあなたはどういう人に初恋の相手として認められていたか、そんな思い出を逆に考えてみる楽しみがある、ということではないでしょうか。色々な数学の方程式は忘れても、懐かしい初恋は忘れないものです。
落とし穴

【落とし穴】

〔何事も慎重に進めなければ反発や誤解を受ける〕

大日日

【大日日】の解説

「大日」とは、「偉大な輝きを持つ」という意味です。また、太陽の光照のことでもあります。宇宙の根本原理を人々に教え、その理を説き与える佛です。人々に佛の力の存在を教えることができるように祈り、自分の存在を佛に知らせることが大切です。

「羅門聖霊界霊鑑託宣」の見方はこちらにあります。
内容を把握して、ご覧下さい。