星魂術 男性編

5月17日〜6月14日に生まれた男性の、誕生月日による霊魂性を、「星魂術」に基づいて、ごく一部だけを抜粋しています。
「星魂術」「霊魂性」についての説明は、こちらのブログ記事をご覧下さい
また、この誕生月日の霊魂性をすべて知りたい方は、「人生相談」をお受け下さい。

率直で明るい陽気な動きが人を魅了します。「宵っぱりの朝寝坊」型で、長時間睡眠を取らないと、どうもリズムが出ず、慢性的な睡眠不足を感じる体質です。

人に対する気遣いも行き届き、人に自慢をするようなことはしません。他人のはっきりした意志表示に対しても、親切で率直な対応を取ります。しかし、人に対して関心のあることと無いこととの差が激しく、相手の態度や心、表情をあまり深く気に留めず、詮索することもしません。そのあたりは少々ぶっきら棒にも見えます。しかし、人に対する態度は常に模索していて、表現にも心の動きが明確でないところがあります。それは時として優柔不断に受け取られることもあります。

少年時代から対人関係において、相手のご機嫌を取るとか、気兼ねをするとかいうことはありません。社会や他人の人生に対して、自ら首を突っ込むようなことはできるだけ避け、常に傍観者の立場を守ります。それでいて、自分の中では冷静で客観的な分析と観察をしています。常に何事においても、能率的であるかないかを第一に考えて行動します。

他人からは、自分の未来に対してかなり楽天的と思われがちです。とにかく安全と堅実を第一に考え、将来の見通しや、相手の態度や、自分の決断や、行動がはっきりしないと動けませんので、優柔不断とか、曖昧に見られてしまいがちです。男性として将来に対する大きな目標もきちんと持っているのですが、常にのんびりとした慎重さがあり、無理なく、焦らず、あきらめずの方針を堅持しています。

お酒を飲む男性が多いのが、この男性魂の特徴です。お洒落なパーティーの席がとても好きで、粋な会話とユーモアがあれば楽しいお酒となるでしょう。毎日食事をするのと同じような感覚で、毎日のように飲みたくなるのです。お酒に対するこだわりも持っています。

生活の中では、どちらかといえば、「量」より「質」に重点を置いています。金銭の使い方も、自分のバランスを心得ていて、とにかく生きた金銭を使うことに大きな目標を置いています。金銭に関して揉めるようなことには耐えられません。感情や気分にまかせた金銭の使い方は一切せず、金銭の使い道に対しては厳しい考え方を持っています。

自分が興味を持っていないことには、誰に対しても何の嫉妬心も起きません。自分に興味がないことに関しては、相手がどんなに素晴らしく高価なものを持っていても、何の嫉妬心も起きません。しかし、自分が興味のある分野では話が違います。自分が欲しい物を友人が持っていれば、「それ、いいね」などと言いながらも、腹の中では妬みと、嫉妬心がぐるぐる渦巻いています。