予言力予知力予測力

※この文章は『羅門の独り言 激辛評論 2011.4.13「科学的根拠」』の続きです。先にそちらをお読み下さい。

力が入ると、長々と書いてしまう癖がありますので、今日は簡単に書いておきます。

政府は何もかも知っています。しかし経験がありませんから、どう対処したら良いのかウロウロしているだけです。
放射能を測定すれば、どの程度の事故かということは、数字上わかるわけです。しかし、隠して隠して隠し通したのです。それはなぜかと言えば、政治の生命でしょう。そして、廃炉にする決心が付かないから遅れに遅れたのでしょう。
チェルノブイリと同じ「レベル7」ということになりました。当然でしょう。私の予測で話をすれば、チェルノブイリの上を行くかもしれません。その腹はくくっていかなければいけません。
とうとう日本は、原爆で広島・長崎をやられ、そして被爆をして、そして今度は「科学的根拠がない」という一言でこういう目に遭いました。日本は本当にどうかしています。全部放射能にやられていくわけです。
日本人は「船頭多くして船山に上る」ということを、これからも何回も繰り返すでしょう。これは予測ではありません。予言です。そうなります。
日本は弱い者いじめをされる状態に入っていきました。生産する力がありませんから、輸出もなかなかうまくいかないでしょう。中国との関係は、ますます悪くなっていくでしょう。
結局は科学的な根拠がないということで、今の日本が存在しているということでしょう。
もう1つ、これも予言として申し上げておきますと、今回の東日本大震災の地震によって、1日の長さが短くなったそうですが、これからもどんどん短くなっていきます。これも科学的な根拠がないと言われればそれっきりです。逆に科学的な根拠があるというのでしたら、その方程式を教えてほしいと思うぐらいです。