報道によりますと、ネパールで遊覧飛行をしていた飛行機が墜落して、乗っていた19人の方が全員亡くなったそうです
この飛行機の事故については、非常に問題点があります。

それは、この飛行機の機材が、かなり古いものを使っている場合があるということです。
この会社の飛行機がそうなのかは私は調べておりませんが、一般的には、新しい飛行機を中古として売却して、それを別の会社で使ってからまた売却するというように、3回も4回も持ち主が変わっていくわけです。するともちろん金属疲労をして、だんだん飛行機が古くなっていくことは事実です。そういうことは一般的に当然あります。古い飛行機になればなるほど、計器や色々な機材も昔のままですから、このような突発的な事故に遭う可能性が非常に多いと、航空関係者はよく言っております。
一番大事なことは、そういう飛行機に遭遇する、巡り合わせで遭ってしまう、知らず知らずに乗ってしまう、そういうその人の運命です。その運命が、飛行機の機材のことよりも大きな作用をするということです。要するに、護られていないと大変なことです。常に護られていることが大事なのです。
ですから私は皆さんに、早く護られるようになって下さいということを常々言っているわけです。
インターネット会員というのは、私と非常に密に連絡を取り合えますし、加護も非常に強烈なものです。そして会員さんが飛行機に乗る場合においては、乗っても大丈夫ですよ、または乗ってはいけませんよというお答えを必ずしております。
どうかそのあたりをしっかり踏まえてご生活下さい。人間は科学だけではありません。やはり人間の運命というものは、色々な面において左右されてくるのです。科学的根拠というのではなくて、祈りの中にそういうものを求めていただきたいと思っております。