「羅門の絆」サークルが出発してから、少し日にちが経ちまして、まもなく3ヶ月になります。
このサークルというのは何が大事かと言いますと、私がいつも言う「縁」です。お互いに顔を見合わせたこともない、お互いに住所も知らないし、色々なことを知らない同士が、このサークルの中で文章を通して語り合う、そして相手の方のお心の中を癒してあげる、または教えてあげる、そこには色々なご縁というものが結ばれているわけです。

例えば皆さんが東京の渋谷なら渋谷、新宿なら新宿に出かけられれば、そこには何万という人が歩いていますが、その人たちとあなたはどういうご縁があるのでしょうか。ただ通りすがりのご縁しかないわけです。しかし、このサークルをはじめ、インターネット会員、それから縁籍会員、皆さんすべて縁で繋がっているのです。
そして皆さんのご家庭の中でも、例えばもう天国へ行かれたご主人とあなたのことをお考えになって下さい。どうですか。縁でご一緒になったのでしょう。そしてまだご結婚なさっていないあなたも、縁を心で求めていらっしゃるでしょう。
そうなのです。人間とは縁という大事な繋がりなのです。そして出会いなのです。そしてそれを育てることが大事なのです。

私は長年ブログを書いておりますけれども、その中でも何回も何回も言わなければならない言葉がございます。
それは、人間って普段の生活の上で、簡単に思うこと、易しいと思うこと、いつでもできると思っていること、そういう安易なことが、人生の上でもの凄いイニシアティブを持っていることが多いのです。
私は超霊力者として、皆さんのご縁に携わっていますが、些細なことで縁をなくしてしまう人があまりにも多いのです。そして、些細なことを頑張ったから、きちんと縁が結ばれたということも、うんと多いのです。「縁は異なもの」という言葉をよく使いますが、異なものではないのです。もっと凄いものなのです。ですから縁ということに関して、もっと真剣に考えて、縁は大変だな、大事だなと認識しなければいけません。縁というものは自分の人生を決定するものですから、育む必要があります。
こうしてサークルの皆さんがご登録をなさっていらっしゃいます。私は皆さんの間に、何とか良い縁が結ばれていくように、そして発展していくように、お互いに人生の上の般若(知恵)というものを出し合っていく、そしてお互いに確信しあっていく、これが私は素晴らしいことだと思っております。縁を育てていくことは本当に大事なことです。
これからもまた新しいご縁が、皆さんのところに訪れると思います。
私はもう今、頭の中で、そして心の中で、来年のことがいっぱい駆け巡っています。来年は色々なことが持ち上がってくる大事な年です。そこで私とご縁のある皆さんが、そういった来年のことに惑わされないように、または困らないように、一生懸命頭の中で今考えております。皆さんのことを考えているのです。あなたのことを考えているのです。これがご縁なのです。どうかわかっていただきたいと思います。