聖霊界の予言力・予知力・予測力

ブログにお話を申し上げるのは久し振りですが、今日申し上げておきたいことは、予測とか予知とか予言とかいうことに関して、怖いことを言い過ぎるとか、恐ろしいことを言うとか、そういうようなことを色々と外部から言われますけれども、私に言わせれば、この時期は本当にそういう時期で、私も今、怖いと思っているところです。
それで私が気をつけて頂きたいということを申し上げるのは、私はやはりご縁のある方には危険を知らせるのが、私の務めだと思っておりますからです。お読みになりたくない方は読まなくて結構なのですが、インターネット会員とか、信仰をしっかり持たれている会員さんには、私は教えていかなければなりませんし、注意をしていかなければなりません。そして、それが人間にとって少しでも役に立つ、良いことならば、進んでそれをご進言申し上げるというのが、私の立場だと思っております。

皆さんは覚えていらっしゃるかわかりませんが、去年の7月14日のブログに、私が書いておりますことを申し上げますと
今年と来年、再来年のこの3年間は、非常に不本意な事故が多いです。そしてそれに一般の、何の罪もない人が巻き込まれる可能性は非常に多いのです。

と、私はこのブログでお話をしております。
実際に今、大阪で凄い事件が起きています。何の罪もない人が、30回も40回も刺される、これは常道ではありません。そして今日もまた、名古屋でも、そして和歌山でもそういう事件があったそうです。世の中には色々な不幸なことが多いと言えども、やはり今年はこんなに恐ろしいことが起きる異常な年なのです。
このようにまた今日、見ず知らずの人がそういう犯罪を犯す、そして見ず知らずの方が、何の関係もない方が事件に遭う、これを皆さんはどう思われるでしょうか。と同時に、これは本当に「明日は我が身」なのです。そしてそういう時期なのです。
私が怖いと言っているのは、本当に暗雲が立ちこめているわけです。その渦を巻くような暗雲が5つも、日本全土に広がっていると私は感じるわけです。ですから注意を促しているのです。色々な交通事故の話も連鎖しました。そしてこの殺人事件も連鎖していきます。
そして、気象現象が非常に難しく、まずくなってきております。ですから、毎年同じような春夏秋冬が来るとか、人間の気持ちが毎年同じように動いていくと思ったら、大きな間違いです。不運にもそういう目に遭われてしまった方には、謹んでお悔やみ申し上げますし、哀れみを感じます。ご災難でしたと申し上げるしかございません。ただ、私がこうしてブログに書いておりますことは、護られる人は護られていくわけですし、どうか私とご縁のあった方は、こういう不運なことに遭わないようにと、ひたすらお祈り申し上げているのが、私の務めなのです。世界の色々なご信仰の場で、色々な方がきちんとお参りしていると思いますが、私はご縁のある方をしっかりお護りしていきたいと感じております。少しでも悪いことが起きないような世界、心配のない世界にしたいものです。
また何日か経ちましたら、原子力のこと、発電所のことを書いてみたいと思っております。そしてそれは本当に、いかに人間がふしだらで、だらしなくて、やりっ放しかということを考えた上で、皆さんと色々注意していかなければならないことがあると思います。


このあと、インターネット会員・およびサークル「羅門の絆」に登録がお済みの縁籍会員限定で、御聖祖様より追伸のお言葉がございます。
インターネット会員の方は、こちらからお読み下さい
サークル登録済みの縁籍会員の方は、こちらからお読み下さい
※縁籍会員の方で、サークル「羅門の絆」への登録がお済みでない方は、まずサークルに登録をして下さい。
※サークル「羅門の絆」に登録されていても、縁籍会員でない方は、この文章を読むことができません。

インターネット会員のご案内→こちらをお読み下さい
サークル「羅門の絆」→ご登録はこちらから(無料)