ブログネタ
.気になったニュース42 に参加中!
聖霊界の予言力・予知力・予測力

師走も後半に入り、今年も大変押し迫ってまいりまして、皆さんもご多忙だと思いますが、今日はここで少々、世間の噂についてお話をしておかなければなりません。
これは外国では大変重要視されていて、特に中国で重要視されているようです。
マヤ文明のことです。
これはメキシコのほうで歴史のある話ではございますが、この21日の金曜日に、地球は滅亡してしまって跡形もなくなるといわれるマヤ文明の歴史があって、この日で地球すべての月日が終わるという、偉大な予言が出ているそうです。

マヤ文明を信じ、またマヤ文明を重視して生活している何十万、何百万という人が世界中にいるわけですが、では実際に地球が滅びるのか、皆さんの生活が滅びてしまうということが21日に起きるのかということについて、この羅門が断言して申し上げますと、21日には何も起こりません。何もありません。地球が滅亡するなんていう話は、全くございません。
人間というのは、そういう予言があると、それにこじつけて色々なことを意味立てて話をしますが、そういうことは全くありません。何だかおもちゃのような、漫画のようなストーリーでございますので、それは私は全く受け付けておりません。皆さんはどうお考えになっても良いのですが、私はそういうものを重点的にお考えになる必要は一切無いということを、断言しておきます。

では、この21日に地球が滅亡するということが、本当にあるとしましょう。そうしますと、21日までの間に、日本の政治が滅亡したとお考えになったら、非常にユーモア的で楽しいのではないでしょうか。恐らく22日あたりには、色々な政治の筋が確実に通ってきて、顔ぶれも通ってきますから、本当にそこで今までの、ひとつの政治の道が終わって、マヤ文明ではなく「政治文明」が終わったと考えれば、面白い言い方かもしれません。
先日、自民党が選挙で大勝したという理由は、国民が目を覚ましたということでしょう。新しい物好きということで伸びてきた民主党が滅びていったのは、民主党に投票した人が、民主党を支持したがゆえに、国民が滅びていったということです。それは「民主党文明」と言えるのかもしれません。
とにかく、21日に日本が滅びる、世界が滅びるということは、絶対にございません。ですから、そういう伝説があるということを、笑ってお考えになったら、逆に楽しいのではないでしょうか。
日本の政治は蘇って、本当に強い日本を作り上げていかなければなりません。いつも外国に脅迫されているような日本は、決して住みやすい国ではありません。しかし、そうして脅迫される必要もありません。そして、自分で自分の国を守るという体制を国民みんなが持っていれば、日本文明は栄えるでしょう。そのように考えなければいけない時期に来ております。
但し、自然的な現象や、色々な流れを考えますと、来年は決して楽しい年ではありません。経済的にも苦しいとよく言われていますが、ではそのようにしたのは誰かと言えば、やはり国民がそうしたのです。ですから、来年はまた色々な無理難題が出てくると思います。悠長なことは言っていられません。「頑張ろう」という言葉だけで済む問題ではありません。根本的に、もう少し仏教というものを信じて下さい。それから私が携わっている予知予言予測をしっかりご勉強なさって、自分のお考えの中に羅門を取り入れていただいて、そしてご参考になさって、良い生活をしていただきたいと思います。

いてもたってもいられなくて、今日はブログを出しました。
どうか来年は良いお年をお迎えになれるよう、そして私の言うことを少し聞いていただきたいと思っております。
明日で、年頭祈願のお申し込み受付は終了させていただきます。明日の夜12時までにお申し込みをいただければ、まだ時間はあります。もうすでに今、年頭祈願に対して全力で取り組んでおります。お友達やご親戚などご心配がありましたら、是非早急にお申し込み下さい。そうでないと、その後が少し難しくなります。
今日はマヤ文明についてのお話を少しいたしました。絶対に地球滅亡はございません。