久し振りにまたブログへ戻ってまいりました。
お正月まで、あと84日となりました。12月のことを「師走」と言いますように、お正月が近くなってきますと、何となく慌ただしいものです。
この八尊光倫会もそうなのです。何かと気ぜわしく感じる今日この頃でございます。
先日のブログに、「もっとブログに色々な懸案を書いていただきたい」というコメントを頂きました。大変光栄に思っております。

人間の「因」とか「縁」とか「因縁」とか、そういうものに関しましても、人間の遺伝子というものが、非常に影響をしているわけです。
この遺伝子からは逃げることができません。
それは親から引き継ぐ、あるいはお祖父様、お祖母様から引き継いでくるものです。
その遺伝子というものが、人間の体の中に決まって存在するわけですから、その遺伝子によって、びっくりするような病気が発生したり、または前もって気にしていかなければいけないということが、多々あるわけです。

実際に、私が調査をしましたことや、私が持っている知識から、皆さんに言えることは、やはり認知症とか、若年性のアルツハイマーとか、脳梗塞とか、くも膜下出血とか、がんでは卵巣がんとか甲状腺がんだとか、そういうものは、たまたまそういう病気になったという問題ではなくて、遺伝子がその人の病状に何パーセントかの影響をしているということが言えるわけです。
例えば、甲状腺がんというのは遺伝子が40%ぐらいの影響を持っている、乳がんも60%ぐらいは、遺伝子が影響を持っているのではないかと、こういう感覚です。卵巣がんや大腸がんも、60%ぐらいの確率で遺伝子が影響を持っているわけです。
この遺伝子というのは、そういう病気になりますよというパーセンテージを示すものですから、やはり注意していかなければいけません。これは講談社のほうで出した本の中の抜粋でもあります。
その他に、不整脈にもやはり遺伝子の影響があったり、高血圧も80%ぐらいは、遺伝子が影響を持っているわけです。それから、みなさんが良くわかりやすいのは、アトピーも遺伝子が80%ぐらい影響があるわけです。加齢黄斑変性という目の病気ですが、これなどやはり80%ぐらい遺伝子の影響があるのです。
そのぐらい、遺伝子というものが人間の体に影響を与えているわけです。要するに、そういう遺伝子を持って人生を歩いているということです。そのように考えていきますと、病気は至るところにあるのですが、自分自身が、生まれ持って病気を持っているという可能性もうんと強く、そのパーセンテージがあるというようにお考えになったら良いのではないでしょうか。
それから病気だけではなく、精神的な問題にも、そういうものは多少はあるように思います。例えば、集中力を持っているか持っていないか、そういうことに関しましても、これはほぼ100%遺伝性があると考えても良いのではないかと思います。「あの人は頑固だね」と言うと、その頑固な気質にも、やはり遺伝子の影響があって、それは60%ぐらいは遺伝子によって頑固が取り上げられてくると、そのような色々なデータがあります。そしてそれは実際にそうです。因縁というのはそういうものなのです。ですからそれを、今度また皆さんとゆっくり、そういうことを語り合っていきたいと思っております。
ですから、何かのせいとか、人のせいとかにしないで、自分は遺伝子というものを持って生きている、そしてその遺伝子によって色々な影響があるということを、しっかりと自分で自覚しなければいけないということです。
そして、ここで私が強く強く言いたいことは、例えば、胃がんになる可能性が40%ぐらいあるなと思ったら、60%はならないという確率もあるわけです。ですから物事の考え方として、危険性は40%あるけれども、安全性は60%だなと考えていくことです。そしてその60%ある、安心していられる状態をうんと強めていくのです。そしていくら遺伝子の影響があるとは言っても、ひとつの願いとか、心とか、祈る心とか、そういう精神的な問題で、遺伝子たりとも大きな影響を与えるだろうということを、私は思っております。
人間は「困ったときの神頼み」と言いますが、それは逆に愚かなことです。困るようにならないように、普段からそのようにしていくことです。そして、そういう遺伝子を持っていたら、それを薄めていく、そして遺伝子に影響されない健康な部分をうんと強く膨らませていくのです。そういうことは祈りの世界に存在していますし、信仰という言葉をちょっと横に置いておいても、自分自身が祈るということ、自分自身が自分のために祈っていく、または人のためにも祈る、そこにある精神の強さというものを認識しなければいけないと、私は思っております。

毎日ブログを見て下さい。これは私は宣伝するものではなくて、教えているものなのです。
それから色々なご商売があります。昼間のご商売も、夜のお勤めもあります。星魂運勢をしっかりお読みになって、それを参考になさることを、心からお勧めします。一般の主婦の方も、昼夜の変化というものがありますから、それをしっかりおわかりになったほうがいいと思います。
いよいよ年末の支度に入ってまいりまして、交通安全から病滅、癌の滅亡祈願から、年頭祈願の形も整ってまいりました。いよいよこの年の終わりに向かって、けじめを付けていかなければならないと思っております。良い年を迎えるには、備えあれば憂い無しで、備えていくということが非常に大事でしょう。是非それを認識していただきたいと思います。
今度の13日は、超霊力を伝達する大事な儀式がございます。そして、皆さんの色々なご相談にも乗れる時間を作っております。インターネット会員におなりになったら、大変便利かなと思っております。何事も何事も、前もって前もって、私にご相談いただきたいと思っております。
どうかご自分の人生を大切になさって下さいませ。
羅門