八尊光倫会 聖尊殿堂

カテゴリ : 予言

法話が数日後現実に

私の本が出版されました。アマゾンで購入できます。
どうかお求めになって、私の言いたい事をご理解いただきたいと思います。
それからホームページを新しくしようと考えています。
もうずいぶん古くなったので、新しい形のホームページを作りたいと考えています。

実は、7月24日の御法話会・超霊力の日に予知預言の法話として、これから犯罪の被害が増えると言明しました。
それから数日しか経たずしてあの様な大きな犯罪が起きるという事は、御法話をお聞きになった皆さんは思っていなかったと思います。
私の予知預言の世界では、こういう事件が多くなると断言します。
そして、この事件の真似をするような人が出てきます。
それから感情を抜きにした、行き当たりばったりの殺人がこれから増えてきます。
要するに人間に感情が無くなってきたんです。
今回のように、障害のある方を殺すというような飛んでもない発想が、今の世の中の人間に生まれつつあるという事を、恐ろしく考えなければなりません。
今回の事件も、障害のある方にとってはテロに出会ったような出来事です。
この世の中はこれから本当にテロが増えてきます。

皆さんは感じないかもしれませんけれども、神仏の加護というものは完全にあるという事を認識してください。
認識しないのであれば、加護はないと思うのならば、加護のない生活で突然犯罪に巻き込まれても文句を言わないでいただきたい。
加護はある。存在しています。
その人を護ろうとする力はあるのです。
どうか毎日の生活が安全である様に、加護を求めていただきたいと思います。

羅門

予言とは心の支度

予言というのは皆さんの為にあるものなんです。
予言というのは過去を振り返ることではなく、先に起こりうる事柄を起こるより先にお教えする事が予言だと思っています。
その予言を信じる信じないは、一人一人考えが違いますから信じる人、信じない人がいます。

東北で大きな地震がありました。3.11と言って日本人は忘れる事はないでしょう。
あの地震の後も私は九州や長崎が危ないと予言していました。
でも九州の人達は、大きな地震が自分達の所に来ると思ってもいなかったと言っています。
思っていなかったという事でこういう事態になったのです。
思っていなかったからこういう事態になってしまったんです。
今回の地震は、阪神淡路大震災と同じ規模の地震でした。
ペットボトル一本・二本、下着の替え。足りないでしょうけれどそのくらいは袋に詰めておけば、地震でグラッと来たときに持って逃げられるでしょう。
そして、地震というのは必ずあるという事を頭に入れておかなければ駄目です。ある日突然雷が鳴ったと言うような、偶然性のものではなく、地震は来るべきしてくるんです。
もっともっと支度をしておくべきではないでしょうか。

日本人は、地震が来る場所に住んでいる、地震国に住んでいるんです。
地震は人間の力でどうにか出来るものではありません。
そのどうする事も出来ないと言う認識を、本当に持っていたら用意をしなければいけません。
そして、他人事のように地震を語るのもよくないです。
大災害に関して、無事でありたい、みんなが亡くならないように祈る事が、人間本来の姿だと思うのです。

私は伊達や酔狂で予言はしていません。
私が予言をブログに書いても、読む人が少ないから予言を知らないのです。
私が御法話会で予言をお話ししても、御法話会に参加しないから予言を知らないのです。
今、本を執筆しています。
私はその本の中にこの先の大きな予言を書いています。
本を売る為とかそういう為に予言は書いていません。
その予言をしたという値打ちが大事だと思ってます。
もしかしたら80%しか予言が的中しなかったと言う事もあるでしょう。
それでも20%岩満羅門の予言は当たらなかったと言われても、80%当たっていれば、私は皆さんのお役に立ったと思います。
御縁があるともっと素晴らしいのですが。

どうか、このブログを読んで予言についてよく考えて、十分注意をしてください。
そしてブログやこれから出す本を読んで、予言を大事にしてください。
あなたの道しるべになると思います。

羅門

予言は人の為になる

ブログを書ける時に書いていますが、このブログを見ている方は本当に少ないです。
今度のように地震や災害や何か事故がある時しかブログを見ていただけません。
普段の平穏な時も大事な法話があります。皆さんの為になる話をしているのですが、何故か事件の時だけ興味をお持ちになる様です。
私のブログを見ていただけるという事は、有り難い事ですが、事件の時だけというのは、悲しく、寂しい限りです。

今度の熊本地震もそうですが、私が一番最初に口にしたのはもう四年も前です。そして四年間の間に地震の事で、南海トラフの話もしましたし、九州の方、沖縄の方、長崎も来ます、北海道、東京も来るという風に私は言いました。
人間の生きていく間において、地震を知らない人もいれば、大地震の被害にあった人もいる、要するに全て運なんです。
それで一番悲しい事は、このような天災・災害が起こった時に、お亡くなりになる方がいるという事です。
なんと悲しい事かと私は思います。
ところが、この自然界というものは人間の人数を減らそうとする様な、そういう惨い事が行われる事があります。
ですからこの地震もまだ大変なのが来ます。
地震が来ないという話はしていません。必ずどんどん来ます。
普段はそういうことを意識しないで生活していますから、どんと来ると吃驚するわけです。と同時に普段、どの様に備えたらいいのか、どの様に災害から自分を守るのか、そういうことを毎日考えている訳にはいかないわけですから、誰でも必ず出来ることは、備えあれば憂い無しで、地震は来るものと予測をして備えておくと言うことが大事です。
そして一番注意しなければいけない事は、自分の命です。命を守って何処に行けばみんな集合できるかを考えておくべきだと思います。
そして集合するという事は、団体行動をしないと被害が酷くなります。ですから市ならその中の何処、例えば何とか公園なら何とか公園へ避難する、そういうようにどこか場所を決めておく事が大事ですね。

私がこういう事を書いているという事は、皆さんに注意して欲しいからです。
御法話会では年頭からお話ししているのですが、これから地震もまだ来ますし、今年は雨の被害が多い年です。
そして細かく小さな飛行機が落ちています。
TVで解説する方が連鎖反応があると言っています。その連鎖反応が必ず人間に不幸をもたらしてしまうんです。
飛行機の事故が連鎖反応するという科学的な意味はゼロです。
ただ、霊学的に言ったら連鎖反応は完全に聖霊界で行われていますから、確実にあるんです。その理由を書く事はしませんが、確実にあるんです。

こういう災害があってお亡くなりになる方がいる。寂しい、本当に寂しいです。私も今回の地震によってお亡くなりになった方に、影ながら手を合わせたいと思っております。
もう不幸な事はたくさんです。不幸はいりません。

自分の身を守っていこうというお気持ちを持っては如何でしょうか。
心から安全を祈り、人の幸せを祈り、謙虚な気持ちで生活していく事を願っております。
人間は幸せになるのがへたくそです。幸せになる努力をなさるのでしょうけれど、全然決め手がないですね。そして何事も飽きてしまうんですね。
祈りなら祈り、信仰なら信仰をしっかり持っていれば、下手ではないんです。
どうか自分を大事にしてください。そして色々な方も大事にしてあげて下さい。

私に会う事ができれば会って、どうか縁を持ってください。
聖霊界とのきちんとした縁を持つという事です。
そうすれば災害や色々な事から護れる。そう思っております。
皆さんがお幸せになりますよう、ブログをご覧になった方お一人でも、聖霊界と御縁がありますよう祈っております。

羅門

私が予言しているのに

前からお伝えしている様に、とうとう東京湾に直下型の地震を感じました。
直下型はそんなに横揺れはしません、その代わり下から突き上げてくる様な、上下に揺さぶられる様な感覚があります。
それから申し上げておきますが、この直下型の地震というのは、東京湾だけでなく、東京湾から100キロくらいの円を描いた位の所に同時に、二つ・三つの地震現象が出てくる時があります。
そして、この地震も数カ所に散らばって日本に起きる様になります。少し多方面に発生してきます。数ある地震の中に、大きな地震がある場所が出ると必ず、人命に関わる事が出て参ります。それによって命を落とさない様にご注意をなさる事が必要でしょう。

今回の水害の事も、私はずいぶん前からお話ししてあります。
台風は小さい大きいは関係なく、10月に入ってもまだ来ます。
そして気象現象はこれからも極端な現象が出てきます。極端な災害、極端な風、極端な地震。
それから今年の冬も、元々雪国と言われる様な所は、恐らく雪が積もる量が例年の倍近くなってくるのではないかと予想されます。気象庁は長期予報で発表していませんが、雪国と言われる所は、今年と来年の初めは大変な事になると思っております。

一番私が気にする事は身の安全です。
私は一般の方まで御護りする事は出来ませんが、私の所に在籍している人は、必死で護っていきます。
ご自分の身体と魂を大切になさって頂きたいと思います。

羅門

若い人達の力を尊敬する

しばらくご無沙汰しておりました。

この夏がやっと収まり秋が訪れようとしています。私事ですが、本を出版いたしまして、お陰様で良いスタートを切ることが出来ました。

日本だけではないですが、自然の事で天気や火山・地震、そう言うような事が、日常の生活の中に一つの恐怖として織り込まれている事が残念です。
私は今から5〜6年前に、皆様の記憶にあれば幸いですけれども、「竜巻」という言葉を何回も使いました。そして、竜巻が来るから「竜巻」と申し上げたのですが、色々な場所で竜巻という言葉は認めてもらえませんでした。報道は全て突風という言葉でさらりと事を済ませていました。だけど本来は、アメリカにあるように竜巻なのです。やっとこの1〜2年で色々な場所で竜巻という言葉を使ってもらえるようになってきました。
この自然現象一つ取っても、なかなか人は認めてくれません。
そして一生懸命不慮の事に関して、予知的にお教えする事が私の勤めかと思っておりましたけれども、やはりなかなか認めてもらえる事は出来ません。
以前より予知として申し上げている台風もそうです。
今年の台風も例年より酷くなり、海水の温度の事で台風が大きく発生する様になってきた事は分かりますが、これは人間が避ける事の出来ない自然界の力です。
例えば今年の5月6月頃は、冷夏という様な事を言われていました。夏らしい夏が来ないかもしれないという噂も出ていましたが、どれだけ暑かったかは皆さんがよく分かる事です。この様に、そうなったらそうなったで知らぬ顔、ならなかったら今度は叩きにかかる、そう言うような事はもうやめてもらいたい。
そして今、日本が世界の中でどういう状態にあるのか、今どうするべきなのか、常々考えていなければなりません。
我々の立場としては、政治的な事は触れたくないのですが、集団的自衛権の話が出た時に、いざとなれば、そうなった時は、戦いの様な事になったら行きます。と言う青年達のパーセンテージが凄く多いのです。
30代〜50代の人よりも、今の若い人達の方が、その時はその時で頑張らなければならない、日本を守らなければならないと言うようなコメントが出ていました。
今の若い人達は不甲斐ないと言われているけれども、若い人は頼もしいものです。大変嬉しく思います。
私は年齢が年齢ですから、若い人達との気持ちとは少し差があるかもしれませんけれども、いざとなったらやる時はやる、と言う統計とコメントを見まして、本当に嬉しく思いました。
世界がどうなるか分からない、人間何が起きるか分からない、そう言う時に若い人達の力が何よりも強く、有り難いものなんです。
そして立派な若い人達、心の良い若い人達が集まれば、日本は本当に素晴らしい国になるんです。
私は決して戦争を肯定しているわけではありません。
色んな政治の流れを見まして、意見は色々あると思いますけれど、私の宗教の世界で考えていきますと、絶対に戦争は反対します。
平和すぎるという事は要らないのです。そのすぎると言う事はいったい何か。
平和であればそれでよいのです。
極端に平和を求めるとかそう言う事ではなくて、穏やかな生活が出来れば人間にとっては一番幸せだし、日本にとっても一番幸せだと思います。
そういう平和を願っていくのが私たちの考えではないでしょうか。

ブログは長くなると読みづらいのでまた機会を見て出したいと思います。

羅門

八尊光倫会トップページはこちら

危機がいっぱい

桜便りが日本中に伝わっています。
春らしき話題ですがそれどころではない、世界中に、また、日本にも人間の命と運と不運のしがらみが数々出ております。
人間は色々な事に人生で遭遇しますが、私が予言した通りに数奇な事件が次々に発生しております。
今までの人間社会では、全く理解できない事件が発生して、我々はその事にどう対処したらよいのかと思案しますが、世界中、日本も、この恐ろしき人生の流れにおののかなければならない。
ある意味では大きな事件が起きても、また、考えられない事件が起きても、何故か現代の人たちはあまり関心を持ちません。全く他人事のように聞き流し、この世の流れがこの先も続く事に、その重大性と人間の畏怖感を感じないのは、逆にその人間性に畏怖感を感じます。
人間の心が大きく変わりつつあります。
責任感に関しても、何も感じない人間。果たさなければならない責任感も全く無視し、親子関係も希薄になり、情緒も人情もどんどん失われていきます。
日本の将来はどうなっていくかと言うよりも、今、現代に生きる人間には期待や希望とか信頼等の大切な、あまりにも大切な心が失われていきます。
数々の暗い出来事の予言より、人間がこの先彷徨う心の暗黒はどんどん大きくなり、本来は感じなければならない、人間性で重要視される心の在り方は、限りなく消滅していくのです。
心の忘却は、単なる言い訳で語る事は許されません。
信仰とは、神を信じ、仏を信じ、自分を信じられる事、また、自分を信じてもらえる事。それに拘らなくてはならない。
遭遇してはならない事件に、その悲哀に自分から飛び込んでいくような、心の貧しき行動があってはならない。
愛情というものを大きく捉え、それを慈しむ毎日の生活を噛みしめてもらいたい。

羅門

プーチン大統領 核配備を宣言

今日はこのブログを出さなければいけない理由があります。
私が予言として何年も皆さんにお伝えしてきたことがあります。
ロシアのプーチン大統領の発表した、政治また戦争についての話ですが、ウクライナとの今のトラブルでプーチン大統領は、核兵器を装備してそれを配置したとニュースで発表しました。
日本にとっては戦後七十年という月日が経ちました。
日本は広島・長崎で原爆を経験しておりますし、恐ろしい死者を出した日本の暗い過去がございますが、核と言うことに関しては私が前から、核戦争になると言っています。
戦争が大きくなると言うことは、今年も予言でハッキリ言っています。あることはあると言っておかなければならない。
そこにプーチン大統領が核を配置しましたというニュースが出てきました。このニュースによって、平和な安全を考えていた世界の問題が、一気に核戦争へと向かう事になったと私は思います。
この発表によって、核を持っている国にはかえって朗報でして、核を配備すると言うことがマンネリになってきます。
今の日本人は、いい加減になったり、約束を守らなかったり、だらしなかったり、計画を実行しなかったり、人の言うことを聞かなくなったり、礼儀が無くなったり、自己本位になったり、日本人の生活の中に色々な欠点が出てきています。
そういう欠点があるからこそ、上辺だけは綺麗なことを言っていますけども、いざとなれば日本だって核を持つことになるでしょう。その様な危険が本当に出てきたと言うことです。明日でも明後日でも日本も核というものを口に出さず、そういう事の戦争が出来る状態になってきています。
怖い話です。本当に怖い話です。

それからもう一つ私が驚愕しているのは、どこかの中学生が山羊を殺そうとバットを用意して山羊小屋に行って、山羊の悲鳴で通りかかった警官が気づいて、少年に理由を聞いたところ、イスラムの殺人の様子を見て、自分もイスラムのように人を殺したい。だから山羊を殺して練習をするんだと言ったそうです。
ここで良く考えなければいけないことは、教育って何でしょうか。
子供達の犯罪等は考え直さなければならない所に何回も来ています。
この先も、子供が親を殺し、親が子供を殺し、夫婦で子供を殺し、子供に夫婦が殺される。
この様な暗黒の思想が発生して、人間の道徳、思いやり、親孝行、礼儀、そんなものはどこかに飛んでしまいました。
どうか本当に日本を考えて下さい。
礼儀正しくして下さい。
心の礼儀も正しくして下さい。
御願いします。日本を平和にして下さい。
どうか私の悲痛な気持を聞いていただきたいと思います。
神仏に対し、聖霊界に対して、清い明るい信仰心をお持ちいただきたいと思います。
日本を素晴らしい国にしましょう。

羅門

恐怖の波が来る日本

ブログを久しぶりに書きます。
日本で大変な問題になりました。湯川さんと後藤さんの壮絶なる死です。
これに関しては日本は手を出すことも何もできまん。
それは日本の法律がそうなっているからでしょう。
私は以前から何ヶ月も前からイスラム国は日本へくると、必ず影響がでてくるということを法話でもブログでも申し上げたはずでございます。予言者というものは先が少しずつ見えるのです、その先を少しずつ見てる感覚が言葉になっていくのです。その予言が当たるとかあたらないとかいう言葉をよく使われますけれども、予言は当たる問題ではない、そうなることなのです。ですから、宝くじのように当たるとか、易者のようなことであたるという表現の仕方は間違っていると思います。
予言のようになったということ、起きたということを表現していただきたいと思います。
そして、予言的にこれからのことを申し上げますと、これで日本がどのようにこのような問題に対処していくかということを、イスラム国は全て読み取ったと思います。絶妙な駆け引きをもっている集団ですね。もっとも国ではありませんから集団です、テロ集団です。
日本にはテロ集団がなかったかというと、オウムがテロ集団ですね。
オウムは宗教ではありません。テロ集団です。
それから、細かいことだとテロ的な殺人とかそのようなことが、国内でもありました。
そしてこれからは、外部から3・4人が密入国して、全然わからない人達によって、部分的なテロが行われる可能性が十分にございます。
むしろ日本国はテロ攻撃するならば、ずいぶん優しい国だと思われている。
日本の法律上、テロ集団にも今回のように向こうで殺人があっても、救い出すとかそのようなことはできない。
国民も見ているなら見ているだけ、ということがこのような結果になったのだと思います。

さて、それから別の予言を申し上げますと、天気の問題です。
これも以前から書いていますが、大きな台風があります。
台風の形がハリケーンのように巨大化されてくるのが、これからの台風になります。
日本の家屋は木造でできていますから、相当な被害を受けることは間違いないと思います。
水の災害は津波のように強烈なものが、水害と表現されてくると思います。

それから政治のことにはあまり触れたくありませんが、これから格差が出てきます。貧乏とお金持ちの差がはっきりしてきます。中間がなくまります。
それから男性が弱いと、肉食系だとか草食系と言われますが、これからの男性はやはり弱々しい。それからサラリーマン的なサラリーマンすぎる男性像はだんだん破壊されていくだろうと思います。
個人個人の男性が立ち上がっていかないと、この日本は駄目だと身体で分かり始めていると思います。
女性はもっともっと女らしく、優しく。それほど遡らなくても良いですが、昭和初期の、初々しい女性像というものが、これからは求められてくると思います。

それから、やはりどんなことがあっても信仰を持つということ。
信仰を持つというのは自分の幅が広くなることです。
宗教という表現でなく「信仰」と言う表現が一番良いと思います。
心配事も色々なことがあっても、例えば夫婦の間であっても、その横に信仰というものがある。ご兄弟の間でも信仰というものがある。
正しい信仰をしていれば、神仏というものは一体的なものです。
ご自分の意志で、神仏の力、聖霊界の力を借りて幸せになろう、幸福になる努力をしようと信仰していれば、聖霊界にはその力がありますから、超霊力が届く。超霊力というものは超越する、越えていくことが超霊力の超なのです。超というのはそういう意味です。
霊力はどういうことかというと、霊というのはみなさん怖い夜のお話しのような霊を考えますが、違います。
魂です。魂なのです。
ですから、頭の中で切り換えなければいけません。
聖霊界の超霊力は確かに存在しています。
魂の力だということを、しっかり頭の中に心の中に留めておいていただきたい。
みなさんはすばらしい人です。自分がそれにお気づきにならない。
努力が2・3歩足らない努力なのです。あと2・3歩前に進んで踏ん張ればできる、そういう努力をもっとこれからすることです。
何かに任せるという感覚は駄目です。
努力は自分で進んでいくのです。それが大事なことだと思います。努力は自分の宝です。
がんばりましょうね。
超霊力はあなたの身の全てに届きます、これが本当に聖霊が神仏に与えた力です。
ですからどうかご信仰なさいませ。
そして、光をみなさい、
自分の自信をお持ちになって下さい。

私のところに星魂術というのがございまして、毎日毎日その日の動きが出てきます。ホームページにあります。
少しだけ気にとめると動きやすいです。
これは御霊示ですから信じて動いてください。
ただ言えることは、良いことばかりではありません。良いこと悪いこと、半々になるかと思います。
今日はこれを注意しようとか日常的な毎日の中で気に留めておくことが大事です。それを是非お探しになって、そのなかに自分の生活の参考になさったらよいと思います。
残念ながら、ブログを見ている方が少ないです。そしてダウンロードできる画像も30・40人の方がしているだけです。
本当にもったいないことだと思います。

今これから、この超霊力、神仏の世界、聖霊界のこと、そして幸せというものは何か、仕事とは何か、そういう大事な人間の生きていく拠点になるようなことを出版する計画を始めました。
これは内容によりますが、今の世の中を考えていく題材です。10年で大きく変わってしまいます。その変わった時に、人間はどのように生きていったらよいかと言うことをアドバイスしていきたいと思います。

余談でございますが、離婚がどんどん増えています。
何秒何分に一組が離婚と発表されていますが、そういうことはやはり生活がきちんとして、心の準備をしてからの御結婚でないからそのようなことになるのでしょう。
ただ、結婚というのは、一人一人が50・60回もするものではないのですから、例え離婚が1度あってもへこたれないで下さい。バツ1バツ2と言葉で表すこと自体がつらい感覚を持ちます。もっと明るく1ステップ2ステップとお考えになったらどうでしょうか。
けれども、1ステップの方は2ステップはやめましょうね。
羅門のこのブログは最後は笑って終わりたいですね。

まとめましょう。
今日のこのブログで言いたいことは、イスラム国は必ず来ます。日本中でテロが発生します、
日本もそうですが、おそらくこの東南アジアに沢山来ると思います。彼らは完璧に戦争だと思っています。
私は今まで戦争が起きるということは言って参りました。
世界中どこでも戦争はしてますけれども、そんな断ち切れるような戦争ではなく、陰惨な地を這うような動きの戦争がこれから増えて参ります。
日本は標的になっています。
護れるのは神仏しかありません。
聖霊界の信仰を持つあなたを護る為に私が頑張りましょう。
私も頑張りますから、あなた方もがんばるのですよ。

羅門

今年はあまりにも厳しい年

新年明けましておめでとうございます。
大変長い間ブログを出せませんでした。年末に新年の御祈願がずっとございまして、ブログの方へ出て参ることが出来ませんでした。

皆さんにお話ししておかなければならない事があります。それは日本の経済が何かおかしい状況になってきていると言うことです。
今までは皆さんが、何となく生活はきちんとしてきましたが、これからは経済的にハイレベルと低レベルの二局的に分かれてしまって、中間層が無くなっていく事になるでしょう。金銭的に余裕がある人と全くない人に分かれていくときが来ました。
ですからこれも護られていないと、下の方へ流れていってしまう事があります。大きなエネルギーの力と、そして躍進していく気力がないと、人間はだらだらと落ちていってしまいます。
政府自身も経済のことを真剣に考えているのでしょうけど、どうも世間一般の流れが悪い方に行っているように思います。
これこそ本当にパワーが必要です。神仏の力というのが一番必要になっていくと言う事を良くわかって頂きたいと思います。

それから気象状況ですが、日本はどうのこうのと心配するよりも、もう悪い方へ悪い方へ行っています。異常気象が普通気象になったんですね。
今年は大きな大きな台風が参ります。これはハリケーン並みです。そしてこれによって死者が出たり、家が流されたり大変な気象災害が起きます。非常に大きな物です。
地震も来ますし、火山も三箇所くらい爆発するでしょう。何故こんなに悪い巡り合わせが来てるのか、本当に心配です。

それから今、イスラム国のテロの問題が大きくなりました。ヨーロッパではお互いに手を組み合って、フランスの街でデモをしています。これはいかにヨーロッパの人たちが手を組んで、このテロに立ち向かおうとしてるかが、非常に良くわかります。
端的に言うと、このイスラム国は、イスラム教と言うことだけでなく、イスラムの中にそういう団体があると考えた方が良いでしょう。
そして、アメリカもフランスも敵国視をされています。と言うことは日本もアメリカの同盟国ですから、日本にテロが来ないという理由が無いわけです。むしろテロが来ると思っていて間違いないでしょう。
そうして、実際に世界的にこのテロが色んなところで起きてくると思います。それもやはり戦いの一つですね。大きな戦いがある。戦争があると私が何回も何回もお話ししてきましたが、もう足元に火がついています。
要するに今日本は、人間一人一人のお尻に火がついてしまったと言うことです。戦後70年になる今、大変な時期に来たと言うことを、本当に噛みしめなければなりません。

ですからどうか、ご信仰を持って自分を守る力を私から持っていって下さい。そして自分も入れて、自分の周りに超霊力でバリアを作って、災害から少しでも避けられるようになさって下さい。
私の側へ来て下さい。御来山なさった皆さんに御力を差し上げますから、是非御来山出来るように自分の生活を考えて下さい。
どうか目を覚まして下さい。
神仏の力という物を最後に信じていくしか人間の道はありません。
どうか素直になって、助けを求め、御力を求めに来て下さい。
まずはインターネット会員からで良いですし、直接私から超霊力を持って行けるように縁籍会員に移って行けばよいでしょう。
今こそ神仏の護りが必要な時です。

そして、この先の高齢化社会に貢献していきたいと思っています。
お年を召していく方達が段々増えてきます。そういう方達に、寂しい思い・苦しい思い・不安な思いをさせるのはいけないことだと思います。
みんなでそういう人たちの助けになることが、私は日本の国民として当たり前のことだと思います。
一人一人力を持って立ち向かっていけるようにしましょう。
是非このブログを読んで頑張って下さい。
人のためになる、人様の為になるように頑張りましょう。

羅門

台風を上回るハリケーン

予知予言、そして予測という事で私が色々なことを書いていますが、以前、ブログの聖霊界の予言にも、今年の気候的な問題についての予言を致しました。
そして今年の予言の内容は、とにもかくにも水という問題が頭にまいります。
水の問題というのは、洪水であるとか、長雨であるとか、ゲリラ豪雨であるような、そういう荒々しいものになっていきます。
そして私が以前にも申し上げましたように、日本の台風という言葉が台風では収まらなくなってくる。要するにアメリカで言うハリケーン、または他の言い方ではサイクロンという台風よりも巨大化されてくるということです。
そして大体、台風というものは進路的に、日本を通るわけです。
今度来ます8号に関しては、予言で言いましたように、ハリケーンであろうと思っております。このハリケーンという強烈なものに関しましては、酷いところでは、70〜80mの風が吹きます。そうすると日本の家屋は木造が多いですから、飛ばされたり、樹木がなぎ倒されたり、日本が今まで経験したこともないような台風になると思っております。
そしてもっと嫌なことは、これからハリケーン、サイクロン級の台風が、日本の全土を通過していく。そして、被害が出るし死者も出ると言うことです。
ですから、なるべく危険を感じる前に避難して頂きたい。無駄足になったとしても、大きな建物、例えば学校とか公会堂のような、しっかりした建物の所へ避難して頂きたい。
今日は何の行事があるとか、学校があるとか、お勤めがあるとか、そんなことを言っている場合じゃない場合がありますから、口を酸っぱくして申し上げます。どうかこの4・5日、よく気をつけて頂きたいと、老婆心ながら申し上げます。

水害は凄いです。

ブログを読んでいらっしゃる、会員さんでない一般の方々でも、私のこの助言は頭の中に入れて頂きたいと思います。
人間の命というものは運・不運によって変わっていきます。
ですから、運・不運を身体に受ける前に、まず注意をして、出来るだけ運の良い方向に進んで頂きたいと思っております。

羅門
アクセスの多いページ
  • 御本尊 聖観世音菩薩 尊像ダウンロード
  • 東日本大震災御供養 釈迦如来尊像ダウンロード
  • 魂の涙 加羅羅観音(水子供養)尊像ダウンロード
吉祥輪廻日

羅門の実行言葉
あなたの生年月日と性別は?


日生まれ
男性 女性
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ