八尊光倫会 聖尊殿堂

カテゴリ : 御法話会

予言とは心の支度

予言というのは皆さんの為にあるものなんです。
予言というのは過去を振り返ることではなく、先に起こりうる事柄を起こるより先にお教えする事が予言だと思っています。
その予言を信じる信じないは、一人一人考えが違いますから信じる人、信じない人がいます。

東北で大きな地震がありました。3.11と言って日本人は忘れる事はないでしょう。
あの地震の後も私は九州や長崎が危ないと予言していました。
でも九州の人達は、大きな地震が自分達の所に来ると思ってもいなかったと言っています。
思っていなかったという事でこういう事態になったのです。
思っていなかったからこういう事態になってしまったんです。
今回の地震は、阪神淡路大震災と同じ規模の地震でした。
ペットボトル一本・二本、下着の替え。足りないでしょうけれどそのくらいは袋に詰めておけば、地震でグラッと来たときに持って逃げられるでしょう。
そして、地震というのは必ずあるという事を頭に入れておかなければ駄目です。ある日突然雷が鳴ったと言うような、偶然性のものではなく、地震は来るべきしてくるんです。
もっともっと支度をしておくべきではないでしょうか。

日本人は、地震が来る場所に住んでいる、地震国に住んでいるんです。
地震は人間の力でどうにか出来るものではありません。
そのどうする事も出来ないと言う認識を、本当に持っていたら用意をしなければいけません。
そして、他人事のように地震を語るのもよくないです。
大災害に関して、無事でありたい、みんなが亡くならないように祈る事が、人間本来の姿だと思うのです。

私は伊達や酔狂で予言はしていません。
私が予言をブログに書いても、読む人が少ないから予言を知らないのです。
私が御法話会で予言をお話ししても、御法話会に参加しないから予言を知らないのです。
今、本を執筆しています。
私はその本の中にこの先の大きな予言を書いています。
本を売る為とかそういう為に予言は書いていません。
その予言をしたという値打ちが大事だと思ってます。
もしかしたら80%しか予言が的中しなかったと言う事もあるでしょう。
それでも20%岩満羅門の予言は当たらなかったと言われても、80%当たっていれば、私は皆さんのお役に立ったと思います。
御縁があるともっと素晴らしいのですが。

どうか、このブログを読んで予言についてよく考えて、十分注意をしてください。
そしてブログやこれから出す本を読んで、予言を大事にしてください。
あなたの道しるべになると思います。

羅門

超霊力を貰いにいらっしゃい

桜の便りも全国に行き渡りつつあります。皆様お元気でしょうか。
先日の日曜日は釈迦祭でございました。いつものように花御堂のお釈迦様に甘茶を掛け、会員の皆さんは嬉しそうにお参りされていました。
そして新しく役員を発表いたしました。若い方も育ってほしいと思い、熱心にきちんとご信仰なさっている方の中から任命いたしました。新しく戒律・霊摂教育長も任命いたしました。これからの八尊光倫会を担う方達です。

世界は色々な政治的な問題、日本も北朝鮮との話し合い、色々なことが今、世界中で動いております。非常に不安な時でございます。それから少し気になりますのは、地震の問題ですが、妙な動きをしております。地球の裏側もそうですが、気象現象と言いますか、地質現象と言いますか、やはり地震のことは注意しなければならないと思っております。

災害において、悲しくもお亡くなりになった尊霊に対して、ご供養申し上げる釈迦如来像のダウンロード数は今、2475名でございます。この人数は大変嬉しく思っております。
それから最近新しく、私の思いとして、加羅羅観音のダウンロードが出来るようになり、その方たちは今の所214名です。ご自分の心の中でご供養してあげてください。そして私はこの加羅羅については、いずれどんな形であってもお名前を付けてあげたいと思っております。ひとりひとりの方が、私の付けた名前を呼んで加羅羅をご供養し ていただきたいという、遠大な計画を持っております。

そして現在、聖観世音菩薩様のダウンロードをして、自分の安全や、自分自身の加護を意識していらっしゃる方は、3755名いらっしゃいます。この聖観世音菩薩様に対して、これだけの人が御加護を貰いたいと思っていると分かって、本当に嬉しく思います。このように、今この世の中で、神仏に対して尊厳をお持ちの方には、私は本当に御加護を差し上げたいと思っております。それは、神仏の世界の超霊力という目に見えない不思議な力ですが、実際に存在している力です。この超霊力で、私とご縁を結んだ方、おひとり、おひとりを護って差し上げたいのです。神仏を尊ぶ人は、その神仏の世界の超霊力で、私が、護ってあげられるからこそお伝えしているのです。一日も早く私の前に来て、超霊力を貰って帰ってください。差し上げます。お待ち申し上げております。
今日はこれにて失礼いたします。

羅門

日本の価値が下がり、信用されなくなった

今日は、あまりに日本人の信用が無くなってきましたので、身につまされる思いで書きました。
今、日本という国がどういう立場にあって、日本人の心がどうなってしまっているか。
大変なことになっているんです。
外国の調査で、どんな国民なのか、どんな良い国民がいるのかというものがありますが、日本はうんと下なんです。
とても恥ずかしくて言えないくらい下なんです。
と言うことは、それだけ日本人は認めてもらえないということです。自業自得です。
自分たちが自分たちで、外国の人たちに信用されてないんだ、と考えなければいけません。
日本人は本当に自分さえ良ければ良いという、自分勝手な人種になってしまったんです。
他の国から見まして、昔は日本人が誠実で勤勉で、とにかく人間として素晴らしい国民であると言っていたのですが、今は否定的です。日本人を信用しなくなってきました。
実際に日本人は信用されないような生活をしています。
自分勝手で屁理屈を述べ、常に弁解をする。
自分を正当化するためにどんな嘘でも平気で言う。
日本人同士ではあまり気がつかないかも知れませんが、泥の海に浸っている時は、自分の周りが泥の海だとわからないのです。
ところが、他から海を見てみればその海が泥の海だとわかる。
その様に外国の見識者達、または外国の人たちは鋭く見抜いています。
ところが日本人は、自分がそういう国民性を持ってきたという事に関して、全然考えていないわけです。
中国の問題が出てきたり、韓国の問題が出てきたり、北朝鮮の拉致の問題が出てきたり、アメリカが日本離れしていくなど、そういうものの根本にあるのは日本人なんです。
日本人が都合の良いことばかり言っていたら、外国は振り向いてくれませんし、日本を信用しません。
この失った信用を日本人が取り戻すのには、何十年、または百年はかかるでしょう。

そのように日本は落ちてきました。
それには、「心」という問題があります。
神仏を認めず、馬鹿にしているということが非常に問題です。
日本人の心の謙虚さが無くなり、自分の身勝手さが出てきてしまっているから、神仏に対して信仰心を持たないのでしょう。
この世の中には「超霊力」という力、魂の力があるということをわかっていない。超霊力をもっともっと認識するべきだと思います。魂の力ですから。
魂の力なんて無いという人は、その方に魂がないということです。
人間は神仏をしっかり認識して、謙虚に自分を委ねていく、そういう気持ちを持たなければ、色々な面で人間として心のボロが出てきます。
私が超霊力を差し上げると言っているのに、超霊力を身につけようという方が少ないということが、非常に不思議なことです。
神の国であるとか、仏の国であると言われるようにしっかり信仰を持って、そうして自分の体に超霊力を持たなければいけません。
合掌して、神仏に自分の素直さ、謙虚さを誓う、そうして自分の幸せを誓う。
その時に、どうしても必要なのは超霊力です。魂の力である超霊力です。
あなたを育てるのは魂の力です。
超霊力という魂の力を身につけて、逆に人様の為になるような超霊力を持って接することが必要だと思います。
是非それを良くわかっていただきたいと思います。

それから、御法話会の予知力・予言力では申し上げていますが、今年は天気がめちゃくちゃになります。
そして災害として、水の怖さを知ることになります。
地震も必ず来ます。それに対して備えておかなければなりません。
どうか、他人事と言うことを頭の中から忘れてください。
他人事ではないんです、自分の事なんです。

近々皆様にお教えすることについて、話し合いをして、新しい感覚で皆さんを超霊力へ導いていきたいと思っています。
どうか真剣にご信仰をなさって、一人でも多く当方の本堂にいらっしゃる事をお祈りしております。

羅門

豪雪に会員の方々を、または皆様をご心配して

ちょうど皆さんにブログを出したいと思っていました時に、こんな雪になりました。
御法話会も雪の為に、ご来山できなかった方が多数いらっしゃいます。
その方々に超霊力をお授けすることが出来ず、悶々とした日々を過ごしております。
二週間または十日間・半月、そういった単位でご来山出来ませんと、お授けした超霊力が少しずつ減っていきます。
これは当然でして、蓄積されている超霊力が、体を使い、心を遣い、そうしているうちに減っていきます。
ですから月に一度は、ご来山なさることが最高な事だと私は思っております。

今年から、加羅羅供養の観音様がダウンロードできるようになりました。
是非、加羅羅供養のためにお参りしていただきたいと思います。
何人の方がご覧になったかはわかっておりますので、皆さんが一生懸命、御供養の事を考えていらっしゃる事がわかります。
私共としても嬉しい事でございます。
一度ダウンロードをなさって、ご覧になれるのであれば、繰り返しダウンロードをして画像を変えなくても結構です。
そして、「行」の根本にもなる、この「祈る」という事は非常に大事な人間の心の動きです。
自分の幸せ、または縁者の幸せを祈る。
加羅羅御供養のために祈る。
神仏に祈るというその姿勢が、人間にとっては大事な問題です。
是非実行していただきたいと思います。

そして、私と縁を繋いでいるあなたに、何か問題が起きましたら、すぐにご連絡下さい。
まだ縁のない方でしたら、インターネット会員でもよいので、ご登録なさって縁を繋いでください。
私が必ず力になります。御解決の道をお教えいたします。
事務局の方でも対応できる事は致します。
ご安心下さい。

残雪の上にまた雪が積もるような天気が進んでいます。
まだ春は遠きです。
どうか、毎日の生活を慎重に過ごして頂きたいと思います。
護られてこそ安心なのです。
そして護っている私に、あなたの元気な声を聞かせて下さい。
どうかお気をつけてご生活下さい。

羅門

平成21年6月28日 超霊力・御法話会

こんにちは。スタッフのSでございます。

本日は羅門御聖祖がご多忙につき、いつもはスタッフブログの方に書いております「御法話会」の報告を、恐れ多くも御聖祖のブログの方に掲載する次第に相成りましたので、つたない文章で申し訳ございませんが、ご一読のほどを宜しくお願い申し上げます。

昨日は雨の中を御来山なさった皆様、本当にお疲れ様でございました。関東方面より御来山の方の中には、傘も持たずに来られた方もいたようです。梅雨時のみならず、こちらは山の天気で本当に予測しづらいです。一番当てになるのはなんと!「カエル」です。夜は当然鳴いていますが、昼間に鳴き出すとたいてい雨が降ります。都会では感じることのできない自然です。
DSCF0463続きを読む
アクセスの多いページ
  • 御本尊 聖観世音菩薩 尊像ダウンロード
  • 東日本大震災御供養 釈迦如来尊像ダウンロード
  • 魂の涙 加羅羅観音(水子供養)尊像ダウンロード
吉祥輪廻日

羅門の実行言葉
あなたの生年月日と性別は?


日生まれ
男性 女性
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ