八尊光倫会 聖尊殿堂

カテゴリ : 日本

変わってしまった日本

皆さんとブログでお話しすることは大変月日が空いております。
ブログというものは毎日文章を書くと世間では言われていますが、私が多忙な故、なかなかブログを書くことが進みません。
それと同時に来年は非常にいい年だと私は読んでいましたが、その私の読んでいる時既に、どんどん世の中が変わりつつあります。再来年は天皇陛下も御退位なさいますし、新しい年が参ります。しかし陛下が御退位なさって新しい天皇陛下が即位なさっても、世の中は全く変わりません。

日本人は色々な資料を見ますと、世界で沢山の国がある中で色々な面で178位くらいの国の値打ちだそうです。詳しいことは私は分かりませんがその様に聞いております。とにかく日本の値打ちが最低限まで下がったと言うことです。
しかも人間も本当に変わりました。日本人は変わりました。日本の国も変わりました。良い風に変わるなら歓迎ですが、日本人という日本の気質というものが無くなってしまいました。国民全員とは言いませんが、みんな自分のことしか考えない。他人の事は一切考えない。戦争も平和も何も考えません。そして個人個人、礼儀礼節は全くありません。
私はどうしてよいのか迷いがあります。その迷いというのは今の皆さんの日本の人達の変わり様、この変わっていく変化に私はついていかなければいけない。そしてそれを認めなきゃならない状態になっています。
でも、相変わらず殺人が行われ、小さな子供まで人間を刺すような事をします。そして大量の殺人。こんな事で日本の中が暗くなっています。お相撲さんの世界も我々の国技だったものが汚れるようになりました。そして色々な場所で権力が蔓延るようになり、そして人間は常に自分の事しか考えない生活に入りました。

私は予言者の一人として聖霊界の一人として私は本当に心が痛みます。そして来年は素晴らしい年だと思っていたのに、どんどん毎日変わっていきます。時の流れは早いものと言いますが余りにも変化しすぎです。日本人の心はとうとう失われていったのかなと思います。日本は何もしない国なんです。前進もしない国なんです。そして日本はこの先どうなっていくか、これは目に見えています。おそらく日本という国が小さく、薄く、存在感のない国になっていく事は明白で御座います。ひょっとしたらあと15年も経つと東京の都心が何故か廃墟になっていく気がいたします。
私は楽しみにしていた来年という年が良くない年になっていくのが非常に悲しい事ですし、寂しい事です。皆さんも全く先が見えないと思います。こういうブログを書く事が非常に悲しいです。

私も来年の年頭祈願行が待っています。でも大きな大きな因縁があり、それが3年も4年も続いている人は幸せになれるわけがないのです。人間は自分の積み重ねてきた良くない事がどんどん積み重なって、自分自身が動けなくなるようになるんです。それは会員さんを護る立場の私としては本当に心が裂けそうな気持ちになります。もちろん経済的な事もあるでしょう、しかし前に進み出る、一歩進んでいく、今自分は崖っぷちに立って居るんだと気持ちをどうしてお持ちにならないのか。非常に寂しいです。

私は、今後こうして人を助けていきたい、人を導いていきたい、その事を一生懸命考えています。
孤独に独りで住み、兄弟家族子供とも別れて生活している方は何と、日本に600万人も居るんです。その人は誰が護っていくのでしょうか、誰も護りません。現存として600万人存在しているわけです。こんな悲しい事が平然と起きているこの社会を何とか助けられないかと考えています。どうしてもその人達を助けたいとも思っています。
色々な問題がいっぱいあります、その内2個でも3個でも私が頑張ってお救い申し上げたいと思っています。それもブログに書きたいと思います。そして共鳴して下さい。皆さんは皆さんの意見があるでしょう。でもどうか正しい事、素直な事、そして幸せな事を考えていきましょう。
皆さんは努力をしません。努力は人を救う事です。自分の幸せよりも他人様を救っていく事が自分の行いも幸せになるんです。どうか考えて下さい。そして皆さんも本当に大変な人を救ってあげて下さい。
病気で悩んでいる人も居ます。医学でも無ければ薬学でもない、祈るという事がどれだけ素晴らしい事か考えて下さい。そして皆さんは誰かに祈って貰ってますか。あなたの為に誰かがあなたの幸せを願って祈ってくれていますか。日本にそんな人は居ません。ですが八尊光倫会の会員の為に祈るのは私しか居ません。明けても暮れても行をして、皆さんの幸せを一生懸命祈っているんです。そして分かっている事は、因縁は本当に駄目なものです。困った物です。とにかくそれをどうしていったらいいか私も考えています。
どうか祈って貰えるという事に関して、重きを持って下さい。
どうか自分の幸せをよく考えて下さい。

どうか日本を元の日本に戻したいですね。
悲しいかな戦争はあります。もうすぐです、戦争は必ずあります。
ブログを毎日出す事は不可能かもしれませんが、なるべく私の心を皆様に訴えていきたいし、教えていきたいし、皆さんもそうなっていただきたいと思います。どうしてもそれが叶わぬ場合には私は考えなければならないと思っています。
近々また考えを書きます。

羅門

日本の動き

今日は啓蟄の時期にブログを出す気持ちになりました。
私にも色々な付き合いの方が沢山居て、時々顔を合わせ話をする知人が居ます。その知人が私のブログをずっと昔から読んでいたということを知りました。
大変嬉しいのと同時に、友人の謙虚な報告は私を吃驚させました。というのは、私のブログの言葉を意識しているということに吃驚したわけです。時々ブログを書いてあげなければいけないとつくづく思いました。

今日まず最初に話をしておかなければいけない事は、先祖の感謝供養、御彼岸ですね。
この意識がみんなだんだん低くなりました。これは大きな間違いです。
先祖に感謝、御供養する事は、当たり前の中の当たり前の事です。
それがだんだん人間の心の中から薄れていく、消えていく、そう言う気持ちが無くなっていく。
そういう事を見ていても、日本の価値観がだんだん無くなっていくんですね。
先祖供養をしないような人は意識が薄れているんですから、次生まれてくる時は、なんて事は考えないでください。そんな事はありっこないですから。
御彼岸にきちんと先祖へ感謝の気持ちを表す事の出来無いような人は、来世なんてあるわけがない。

そして、嫌な話ですけれどもだんだん戦争が近づいています。
色々な国の人が色々な事をしていますけれども、戦争が近づいて参りました。
もちろん日本も巻き込まれていきます。
戦争に対してもまた日本人の意識が低くなりましたね。
昔は平和を望んでいたんです。今は平和を望むと言う気持ちが薄れてきましたね。あまり興味が無くなったのでしょうね。その興味がない時に突然、そういう悲劇が起こるものです。近いと思います。
大変気にしておりますけれども、こればっかりはどうする事も出来ません。

それから、人間の感情がだんだん軽薄になり、どうも人間の心が一般常識的な事では考えられなくなってきたんですね。
人間は約束を守り、時間を守り、ルールを守り、そういう人間の行わなければならない摂理的な事が御座います。
それがだんだん薄れて、先程の戦争の話じゃないですが、やはり軽薄になってきたんでしょう。
人間らしさというのがだんだん薄れていくというのが、私は大きな災いになると思います。
と同時に、災いは来るでしょう。
私が怖くてしょうがない、嫌だなと思っているのは、南海トラフの地震です。
今、M9位の地震が来てもおかしくない。怖いです。
やはりこういう災いの時に、本物の信仰を持っている方は、万が一の時にするりと危ない所から身を離す事が出来るんです。
本当に人間は紙一重なんです。
その紙一重の大事な運を掴むのは、やはり日常の信仰によります。
その信仰の場所というのは、神・仏、色々なものを混ぜると大変な数でしょう。
しかし人間というのは同時に二つ、三つと信仰できる器用さは持っていません。
本物の信仰は一つで良いんです。
うんと静かに、しっかり本物の信仰を持っている事が、その人にとっては大事な事なのです。
神も仏も一体のものです。両界が全部同じなんです。
どうか自分を大切に、ご信仰の道に励んでください。
もうすぐ桜が咲きます。
このブログを読んでいるあなたの心にも、桜が咲くようにお祈り申し上げます。

羅門

梅雨の前に皆様にご報告

梅雨という言葉が聞かれるようになりました。
今、私は皆様の為に本を執筆しております。
皆さんご存じと思いますが、本を出版すると言うことは大変な事業なんです。これには何人もの人が関わって制作していく事なんです。
そうして人々のお力添えがなければまた、事業という物も完成する物ではありません。
一月からスタート致しまして、六月の終わりには店頭に並ぶと思っております。
色々出版についてのご尽力も頂きまして、私と致しましても感謝いたしております。
人間というのはどんな場合においても、一人では何も出来ません。
この本を出版していくということは、一つのこの摂理、そうして聖霊界のお話、そういう物をしっかり分かって頂く為に執筆しているので、容易いことではないし、皆さんも重みを持って読んで頂きたいと思います。
人間というのは先程も申し上げましたように、何をするのも一人では何も出来ませんし、また一人ではするべき事ではないんです。
お互いに助け合い、お互いに与え合い、そういう慈愛のこもった生活じゃなければならないんです。
本にも色々な事を書きました。
この本は恐らく次へ次へと続いていくわけです。
というのは、人生というのはそんな簡単ではありませんから、やはり教えていかなければならない。皆さんに伝えていかなければならない。
私は転生してきて、そういう役目を持っているのですから、それを伝達しなければならない。その義務感も持っております。

そうして二冊目にも私が書きたい事は、奇跡という事です。
奇跡という物は存在する問題です。
本当に小さな奇跡でも、大きな奇跡でも、個人的な奇跡でも、家族的な奇跡でも、どんな状態でもその奇跡という物を得るのには、もう信仰しかない。
信仰というのはそこに在籍している、そのゾーンにいる。その層に在籍しているという証をちゃんと聖霊界に見せなければ、奇跡なんて現れるわけがない。
固まって、手をつないで、神仏という物を崇めて頑張っていく姿を、聖霊界に誰も彼も見られています。そうして超霊力を通して、きちんと奇跡を与えていく物だと信じておりますし、事実でございます。
超霊力というものは、凄いエネルギーです。凄い大きな力です。

もうすぐ本当に梅雨に入って参りまして、生活がじめじめするかもしれませんが、私もまた頑張っております。皆さんと御協力しあって頑張っていきます。そして今月には、また皆さんにも頑張って頂かなくてはならない事が多々あります。
御来山なさった方にはよくお伝えしてありますが、どうか頑張って御信仰の基を固めていって頂きたいと思っております。

残念な事はこのブログを読む人数が減ったという事です。ダウンロードできる仏様のお姿がございますがその人数も。そして聖魂運勢もそうです。聖魂運勢は毎日違っていくんです。毎日同じと言う事はあり得ないんです。毎日生活の中で注意をする事、または勧める事が書いてありますが、それも減って参りました。皆さんユーチューブで面白い画像を見たりはするのでしょうけど、大事な事に関して、生活にとって必要な事に関しては全く横を向くようになってきました。これは日本の末期でしょうね。
どうか聖魂運勢をご覧になって生活のリズムを作ってください。

言いたくはないですが、日本はどんどん衰退していってしまっている。そして何か日本が孤立していってしまっている。誰も皆そう思うでしょうね。
これから想像もつかないような大きな地震が来ます。火山もそんなにとてつもなく大きな火山は噴火しないとは思いますが、あるでしょう。
日本がこんな状態でみんながしっかりしなければ、日本はただ単なる島国で名前のない国になってしまう事を私は恐れます。

また、間を空けずにブログを書きたいと思いますが、何せ猛烈な忙しさです。
ブログを書くこの気持ちも、落ち着いて書きたい物ですから、少し間が開きました。
またお話申し上げます。

羅門

プーチン大統領 核配備を宣言

今日はこのブログを出さなければいけない理由があります。
私が予言として何年も皆さんにお伝えしてきたことがあります。
ロシアのプーチン大統領の発表した、政治また戦争についての話ですが、ウクライナとの今のトラブルでプーチン大統領は、核兵器を装備してそれを配置したとニュースで発表しました。
日本にとっては戦後七十年という月日が経ちました。
日本は広島・長崎で原爆を経験しておりますし、恐ろしい死者を出した日本の暗い過去がございますが、核と言うことに関しては私が前から、核戦争になると言っています。
戦争が大きくなると言うことは、今年も予言でハッキリ言っています。あることはあると言っておかなければならない。
そこにプーチン大統領が核を配置しましたというニュースが出てきました。このニュースによって、平和な安全を考えていた世界の問題が、一気に核戦争へと向かう事になったと私は思います。
この発表によって、核を持っている国にはかえって朗報でして、核を配備すると言うことがマンネリになってきます。
今の日本人は、いい加減になったり、約束を守らなかったり、だらしなかったり、計画を実行しなかったり、人の言うことを聞かなくなったり、礼儀が無くなったり、自己本位になったり、日本人の生活の中に色々な欠点が出てきています。
そういう欠点があるからこそ、上辺だけは綺麗なことを言っていますけども、いざとなれば日本だって核を持つことになるでしょう。その様な危険が本当に出てきたと言うことです。明日でも明後日でも日本も核というものを口に出さず、そういう事の戦争が出来る状態になってきています。
怖い話です。本当に怖い話です。

それからもう一つ私が驚愕しているのは、どこかの中学生が山羊を殺そうとバットを用意して山羊小屋に行って、山羊の悲鳴で通りかかった警官が気づいて、少年に理由を聞いたところ、イスラムの殺人の様子を見て、自分もイスラムのように人を殺したい。だから山羊を殺して練習をするんだと言ったそうです。
ここで良く考えなければいけないことは、教育って何でしょうか。
子供達の犯罪等は考え直さなければならない所に何回も来ています。
この先も、子供が親を殺し、親が子供を殺し、夫婦で子供を殺し、子供に夫婦が殺される。
この様な暗黒の思想が発生して、人間の道徳、思いやり、親孝行、礼儀、そんなものはどこかに飛んでしまいました。
どうか本当に日本を考えて下さい。
礼儀正しくして下さい。
心の礼儀も正しくして下さい。
御願いします。日本を平和にして下さい。
どうか私の悲痛な気持を聞いていただきたいと思います。
神仏に対し、聖霊界に対して、清い明るい信仰心をお持ちいただきたいと思います。
日本を素晴らしい国にしましょう。

羅門

日本の価値が下がり、信用されなくなった

今日は、あまりに日本人の信用が無くなってきましたので、身につまされる思いで書きました。
今、日本という国がどういう立場にあって、日本人の心がどうなってしまっているか。
大変なことになっているんです。
外国の調査で、どんな国民なのか、どんな良い国民がいるのかというものがありますが、日本はうんと下なんです。
とても恥ずかしくて言えないくらい下なんです。
と言うことは、それだけ日本人は認めてもらえないということです。自業自得です。
自分たちが自分たちで、外国の人たちに信用されてないんだ、と考えなければいけません。
日本人は本当に自分さえ良ければ良いという、自分勝手な人種になってしまったんです。
他の国から見まして、昔は日本人が誠実で勤勉で、とにかく人間として素晴らしい国民であると言っていたのですが、今は否定的です。日本人を信用しなくなってきました。
実際に日本人は信用されないような生活をしています。
自分勝手で屁理屈を述べ、常に弁解をする。
自分を正当化するためにどんな嘘でも平気で言う。
日本人同士ではあまり気がつかないかも知れませんが、泥の海に浸っている時は、自分の周りが泥の海だとわからないのです。
ところが、他から海を見てみればその海が泥の海だとわかる。
その様に外国の見識者達、または外国の人たちは鋭く見抜いています。
ところが日本人は、自分がそういう国民性を持ってきたという事に関して、全然考えていないわけです。
中国の問題が出てきたり、韓国の問題が出てきたり、北朝鮮の拉致の問題が出てきたり、アメリカが日本離れしていくなど、そういうものの根本にあるのは日本人なんです。
日本人が都合の良いことばかり言っていたら、外国は振り向いてくれませんし、日本を信用しません。
この失った信用を日本人が取り戻すのには、何十年、または百年はかかるでしょう。

そのように日本は落ちてきました。
それには、「心」という問題があります。
神仏を認めず、馬鹿にしているということが非常に問題です。
日本人の心の謙虚さが無くなり、自分の身勝手さが出てきてしまっているから、神仏に対して信仰心を持たないのでしょう。
この世の中には「超霊力」という力、魂の力があるということをわかっていない。超霊力をもっともっと認識するべきだと思います。魂の力ですから。
魂の力なんて無いという人は、その方に魂がないということです。
人間は神仏をしっかり認識して、謙虚に自分を委ねていく、そういう気持ちを持たなければ、色々な面で人間として心のボロが出てきます。
私が超霊力を差し上げると言っているのに、超霊力を身につけようという方が少ないということが、非常に不思議なことです。
神の国であるとか、仏の国であると言われるようにしっかり信仰を持って、そうして自分の体に超霊力を持たなければいけません。
合掌して、神仏に自分の素直さ、謙虚さを誓う、そうして自分の幸せを誓う。
その時に、どうしても必要なのは超霊力です。魂の力である超霊力です。
あなたを育てるのは魂の力です。
超霊力という魂の力を身につけて、逆に人様の為になるような超霊力を持って接することが必要だと思います。
是非それを良くわかっていただきたいと思います。

それから、御法話会の予知力・予言力では申し上げていますが、今年は天気がめちゃくちゃになります。
そして災害として、水の怖さを知ることになります。
地震も必ず来ます。それに対して備えておかなければなりません。
どうか、他人事と言うことを頭の中から忘れてください。
他人事ではないんです、自分の事なんです。

近々皆様にお教えすることについて、話し合いをして、新しい感覚で皆さんを超霊力へ導いていきたいと思っています。
どうか真剣にご信仰をなさって、一人でも多く当方の本堂にいらっしゃる事をお祈りしております。

羅門

聖霊界の予知力・予言力・予測力 2011.4.13

予言力予知力予測力

※この文章は『羅門の独り言 激辛評論 2011.4.13「科学的根拠」』の続きです。先にそちらをお読み下さい。

力が入ると、長々と書いてしまう癖がありますので、今日は簡単に書いておきます。

続きを読む

ゴールデンウイークの法話

ブログネタ
子供の安全と犯罪 に参加中!
今日は4月29日です。ゴールデンウイークに入りました。皆さん色々な計画を立てて、お出かけのことと思います。
色々なニュースが入ってきますけれども、このゴールデンウイークに皆さんがお出かけになる場所とか、お出かけの内容とか、そういうものをニュースで私が見ている限り、不景気だという話はもう微塵もないと思っております。世界の色々な国で、一切れのパンが食べられなくて死んでいく子供が1日に4万人もいるのです。そういう時に日本は不景気だということを言っていて良いのでしょうか。よく「世界は広い」と言いますが、本当は「世界は狭い」のです。その中で、色々な人が苦しんでいます。その人たちを何とかして助けようと思う人が、日本には少ないのです。本当に皆無と言っていいほど、いなくなりました。

続きを読む

聖霊界の予言 2009.7.13

ブログネタ
中国・韓国・北朝鮮外交問題 に参加中!
今日の予知予言を申し上げます。
日本は誠に冷静ですが、他の国が北朝鮮の核弾頭の問題について、かなり大騒ぎしております。
そこで今大いに問題になっていますのは、イランとイスラエルの間に戦争があるのではないかという憶測ですが、今日はまず北朝鮮についてのお話です。

続きを読む

時事放談 2009.5.29

ブログネタ
北朝鮮問題 拉致 外交 核 人権 に参加中!
時事放談
北朝鮮が核実験をしたということは、我々はよく考えなければいけないと思うのです。
例えば、核実験をしたからといって、日本に核で攻めてくるという根拠は何もないのです。

続きを読む

私、怒ってます(第9回)「北朝鮮が何をしても平和主義の日本は何もできない」下

ブログネタ
中国・韓国・北朝鮮外交問題 に参加中!
怒ってます今日は昨日に引き続き、北朝鮮のことについてブログを書いていきますが、ここで大事なことをこのブログではっきり書かなければなりません。
それは、アメリカは北朝鮮のことをどう思っているかということなのですが、私は何とも思っていないと思います。思っているふりをしているだけです。

続きを読む
アクセスの多いページ
  • 御本尊 聖観世音菩薩 尊像ダウンロード
  • 東日本大震災御供養 釈迦如来尊像ダウンロード
  • 魂の涙 加羅羅観音(水子供養)尊像ダウンロード
吉祥輪廻日

羅門の実行言葉
あなたの生年月日と性別は?


日生まれ
男性 女性
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ