真信修行法

因を助けて果に向かわせるものである。
総てのものに因果の法則が支配しているのであるが、その果を生ずる因というものを助成する事情・条件すなわち間接的原因を「縁」と言う。


原因が縁に助成されて生んだ結果を言う。これを果報とも言う。要するに過去の行い(因・縁)によっての結果として現れ出てくるものである。

続きを読む