八尊光倫会 聖尊殿堂

カテゴリ : 火山

若い人達の力を尊敬する

しばらくご無沙汰しておりました。

この夏がやっと収まり秋が訪れようとしています。私事ですが、本を出版いたしまして、お陰様で良いスタートを切ることが出来ました。

日本だけではないですが、自然の事で天気や火山・地震、そう言うような事が、日常の生活の中に一つの恐怖として織り込まれている事が残念です。
私は今から5〜6年前に、皆様の記憶にあれば幸いですけれども、「竜巻」という言葉を何回も使いました。そして、竜巻が来るから「竜巻」と申し上げたのですが、色々な場所で竜巻という言葉は認めてもらえませんでした。報道は全て突風という言葉でさらりと事を済ませていました。だけど本来は、アメリカにあるように竜巻なのです。やっとこの1〜2年で色々な場所で竜巻という言葉を使ってもらえるようになってきました。
この自然現象一つ取っても、なかなか人は認めてくれません。
そして一生懸命不慮の事に関して、予知的にお教えする事が私の勤めかと思っておりましたけれども、やはりなかなか認めてもらえる事は出来ません。
以前より予知として申し上げている台風もそうです。
今年の台風も例年より酷くなり、海水の温度の事で台風が大きく発生する様になってきた事は分かりますが、これは人間が避ける事の出来ない自然界の力です。
例えば今年の5月6月頃は、冷夏という様な事を言われていました。夏らしい夏が来ないかもしれないという噂も出ていましたが、どれだけ暑かったかは皆さんがよく分かる事です。この様に、そうなったらそうなったで知らぬ顔、ならなかったら今度は叩きにかかる、そう言うような事はもうやめてもらいたい。
そして今、日本が世界の中でどういう状態にあるのか、今どうするべきなのか、常々考えていなければなりません。
我々の立場としては、政治的な事は触れたくないのですが、集団的自衛権の話が出た時に、いざとなれば、そうなった時は、戦いの様な事になったら行きます。と言う青年達のパーセンテージが凄く多いのです。
30代〜50代の人よりも、今の若い人達の方が、その時はその時で頑張らなければならない、日本を守らなければならないと言うようなコメントが出ていました。
今の若い人達は不甲斐ないと言われているけれども、若い人は頼もしいものです。大変嬉しく思います。
私は年齢が年齢ですから、若い人達との気持ちとは少し差があるかもしれませんけれども、いざとなったらやる時はやる、と言う統計とコメントを見まして、本当に嬉しく思いました。
世界がどうなるか分からない、人間何が起きるか分からない、そう言う時に若い人達の力が何よりも強く、有り難いものなんです。
そして立派な若い人達、心の良い若い人達が集まれば、日本は本当に素晴らしい国になるんです。
私は決して戦争を肯定しているわけではありません。
色んな政治の流れを見まして、意見は色々あると思いますけれど、私の宗教の世界で考えていきますと、絶対に戦争は反対します。
平和すぎるという事は要らないのです。そのすぎると言う事はいったい何か。
平和であればそれでよいのです。
極端に平和を求めるとかそう言う事ではなくて、穏やかな生活が出来れば人間にとっては一番幸せだし、日本にとっても一番幸せだと思います。
そういう平和を願っていくのが私たちの考えではないでしょうか。

ブログは長くなると読みづらいのでまた機会を見て出したいと思います。

羅門

八尊光倫会トップページはこちら

梅雨の前に皆様にご報告

梅雨という言葉が聞かれるようになりました。
今、私は皆様の為に本を執筆しております。
皆さんご存じと思いますが、本を出版すると言うことは大変な事業なんです。これには何人もの人が関わって制作していく事なんです。
そうして人々のお力添えがなければまた、事業という物も完成する物ではありません。
一月からスタート致しまして、六月の終わりには店頭に並ぶと思っております。
色々出版についてのご尽力も頂きまして、私と致しましても感謝いたしております。
人間というのはどんな場合においても、一人では何も出来ません。
この本を出版していくということは、一つのこの摂理、そうして聖霊界のお話、そういう物をしっかり分かって頂く為に執筆しているので、容易いことではないし、皆さんも重みを持って読んで頂きたいと思います。
人間というのは先程も申し上げましたように、何をするのも一人では何も出来ませんし、また一人ではするべき事ではないんです。
お互いに助け合い、お互いに与え合い、そういう慈愛のこもった生活じゃなければならないんです。
本にも色々な事を書きました。
この本は恐らく次へ次へと続いていくわけです。
というのは、人生というのはそんな簡単ではありませんから、やはり教えていかなければならない。皆さんに伝えていかなければならない。
私は転生してきて、そういう役目を持っているのですから、それを伝達しなければならない。その義務感も持っております。

そうして二冊目にも私が書きたい事は、奇跡という事です。
奇跡という物は存在する問題です。
本当に小さな奇跡でも、大きな奇跡でも、個人的な奇跡でも、家族的な奇跡でも、どんな状態でもその奇跡という物を得るのには、もう信仰しかない。
信仰というのはそこに在籍している、そのゾーンにいる。その層に在籍しているという証をちゃんと聖霊界に見せなければ、奇跡なんて現れるわけがない。
固まって、手をつないで、神仏という物を崇めて頑張っていく姿を、聖霊界に誰も彼も見られています。そうして超霊力を通して、きちんと奇跡を与えていく物だと信じておりますし、事実でございます。
超霊力というものは、凄いエネルギーです。凄い大きな力です。

もうすぐ本当に梅雨に入って参りまして、生活がじめじめするかもしれませんが、私もまた頑張っております。皆さんと御協力しあって頑張っていきます。そして今月には、また皆さんにも頑張って頂かなくてはならない事が多々あります。
御来山なさった方にはよくお伝えしてありますが、どうか頑張って御信仰の基を固めていって頂きたいと思っております。

残念な事はこのブログを読む人数が減ったという事です。ダウンロードできる仏様のお姿がございますがその人数も。そして聖魂運勢もそうです。聖魂運勢は毎日違っていくんです。毎日同じと言う事はあり得ないんです。毎日生活の中で注意をする事、または勧める事が書いてありますが、それも減って参りました。皆さんユーチューブで面白い画像を見たりはするのでしょうけど、大事な事に関して、生活にとって必要な事に関しては全く横を向くようになってきました。これは日本の末期でしょうね。
どうか聖魂運勢をご覧になって生活のリズムを作ってください。

言いたくはないですが、日本はどんどん衰退していってしまっている。そして何か日本が孤立していってしまっている。誰も皆そう思うでしょうね。
これから想像もつかないような大きな地震が来ます。火山もそんなにとてつもなく大きな火山は噴火しないとは思いますが、あるでしょう。
日本がこんな状態でみんながしっかりしなければ、日本はただ単なる島国で名前のない国になってしまう事を私は恐れます。

また、間を空けずにブログを書きたいと思いますが、何せ猛烈な忙しさです。
ブログを書くこの気持ちも、落ち着いて書きたい物ですから、少し間が開きました。
またお話申し上げます。

羅門

聖霊界の予言 2010.4.21

ブログネタ
自然環境 に参加中!
seireikai-yogen2
噴火今、アイスランドで火山が噴火したということが話題になっています。
でも、アイスランドには20〜30個の火山があります。そうすると、火山がそれだけあるということに関しては、地元のアイスランドの人は慣れっこなのです。日本も火山国ですから、火山があるということに関しては、噴火しない限りは何も感じないでしょう。これは今皆さんが、アイスランドの火山のことについては噴火するまで何とも感じていなかったと思うのです。ですから同じように、あまり驚きもしませんし、何とも感じないかもしれません。


続きを読む

聖霊界の予知予言「12月22日のテレビ番組で放送していた内容について」3

ブログネタ
地震。。。 に参加中!
seireikai-yogen2
【スタッフ一同の質問】
今回も前回(第2回)前々回(第1回)に引き続いて、先日放送されました「2012年に人類が破滅するのか?」という番組で取り上げられていた内容について、羅門先生にまた教えていただきたいと思います。


続きを読む
アクセスの多いページ
  • 御本尊 聖観世音菩薩 尊像ダウンロード
  • 東日本大震災御供養 釈迦如来尊像ダウンロード
  • 魂の涙 加羅羅観音(水子供養)尊像ダウンロード
吉祥輪廻日

羅門の実行言葉
あなたの生年月日と性別は?


日生まれ
男性 女性
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ