八尊光倫会 聖尊殿堂

カテゴリ : 災害

昨今の人間の心のあり方

御彼岸が過ぎまして急に夏日の日が訪れました。この早い夏の陽気は実際に気象の荒れ模様を感じさせます。
今年は水が大変な災害をもたらすと私が預言をしましたが、やはりその通りになりそうです。
それと同時にとうとう戦争が起きました。
トルコや不穏な北朝鮮の問題です。
ここで不思議な事は、昔なら大変な騒ぎになっていた戦争の予知的な問題も、今の日本人は何とも感じていないという事です。
北朝鮮がボタンを押せば本当に終わりの状態なんですが、日本人は呑気にしています。
ただ実際にこの情勢を見ていますと、戦争は行われない茶番劇だと思うしかないんです。北朝鮮にいる邦人も日本に引き揚げておりませんし、外国人の引き上げもありません。という事は北朝鮮には何も被害が起きないと言う事です。そして北朝鮮からの戦争の布石もないという事ですね。日本は何も被害を受けないと日本人はそう思っているのでしょう。
大変、私自身としては恐ろしい現象だと思っております。日本人は戦争に慣れていないから何とも感じないのでしょう。
ただ、我の身に火の粉が降りかかるとなれば、世界中の人間の何倍も大慌てをするのが日本人だと思います。

さて私事ですが、15年間可愛がってきた犬が寿命を全うして亡くなりました。
動物といえども人間がうんと愛して、うんと可愛がってきたその動物の魂は、人間の魂と同体になっていますと、その人間と同じ時期に転生するんです。
このメカニズムを知らない人はいっぱい居ますけれども、犬を飼っている人、猫を飼っている人で、そう言うお気持ちを持っていらっしゃるなら転生できるという事をよく自覚いただいて結構だと思います。
ただし、自覚しているご自身が、きちんと転生出来なければいけませんよ。

どうしても今、人間の心が乱れていますので、色々な摂理・定義をお教えしても、皆さんは自分の都合の良い解釈しかしません。
そして私が予知や預言をしても、一般の皆さんはそれを聞こうとはしません。
私は自分自身で最高の預言者だと思っております。それは聖霊界が下さった御力で御座いましょう。そして絶えず、私に送り続けるこの予知力という力もありがたいと思っております。
占い師の事で騒いでいる人もいらっしゃいますが、それは一種のゲームですから良いの悪いのは言いません。
私は実際に人間の人生に携わってきて、何十年掛かってここまで来ました。それにはそれなりの重みがあります。
人生というものは絶対に一人では分からないものです。
私は皆さんのこれからの人生が全部分かります、全部お教えできます。
未来を知りたいという人の為にその様なコーナーを作ろうとは検討しております。
私は聖霊界のその力で分かるが故に、ご病気の事でも、例えば癌一つに関しても転移するからと私が言っても、医者が太鼓判押したから大丈夫と仰って私の意見ははねつけられます。でも私のよく知っている医者は、医者の80%はヤブ医者であると言っています。と言う事は太鼓判を押してくれる医者がもしも力のない医者だったらどうしますか。これが私の?ですね。

先日、自殺を考えていたらしいですが、ご老人が踏切の中で呆然と佇んで居る所を、銀行員の方が救おうと踏切に入って間に合わず、二人とも命を亡くしました。
このことは本当に悲しい出来事です。
しかし私の目から見ると、その踏切には大勢の人が電車が通過するのを待っていたわけです。その二人がはねられるのを見ていたわけです。
そのご老人が線路に入っていっても誰も何の声も掛けず、誰かが大騒ぎするでもなく、ただ一人の銀行員の方だけが救い出そうとして命を亡くしたわけです。
その周りの何もせず、何も言わず、知らん顔をしていた人間が沢山居る事を、皆さんは忘れてはいけません。
人間はみんな自分の事しか考えていません。自分中心、自己中心なんです。
みんな自分の都合の良い事しか考えません。それで幸せになれるわけがない。
そんなところに幸せが来るわけが無い、という事を自覚していただきたいと思います。
これからゴールデンウイークですが、私が嫌なのは自動車等の事故で亡くなる方がいらっしゃる事です。
それはうんと不注意で、要するに神仏に護られていない事なのですから、どうか最大のご注意をして、出来ればきちんと護られるようになっていただきたいと思っております。
今日はこれで失礼します。

羅門

予言とは心の支度

予言というのは皆さんの為にあるものなんです。
予言というのは過去を振り返ることではなく、先に起こりうる事柄を起こるより先にお教えする事が予言だと思っています。
その予言を信じる信じないは、一人一人考えが違いますから信じる人、信じない人がいます。

東北で大きな地震がありました。3.11と言って日本人は忘れる事はないでしょう。
あの地震の後も私は九州や長崎が危ないと予言していました。
でも九州の人達は、大きな地震が自分達の所に来ると思ってもいなかったと言っています。
思っていなかったという事でこういう事態になったのです。
思っていなかったからこういう事態になってしまったんです。
今回の地震は、阪神淡路大震災と同じ規模の地震でした。
ペットボトル一本・二本、下着の替え。足りないでしょうけれどそのくらいは袋に詰めておけば、地震でグラッと来たときに持って逃げられるでしょう。
そして、地震というのは必ずあるという事を頭に入れておかなければ駄目です。ある日突然雷が鳴ったと言うような、偶然性のものではなく、地震は来るべきしてくるんです。
もっともっと支度をしておくべきではないでしょうか。

日本人は、地震が来る場所に住んでいる、地震国に住んでいるんです。
地震は人間の力でどうにか出来るものではありません。
そのどうする事も出来ないと言う認識を、本当に持っていたら用意をしなければいけません。
そして、他人事のように地震を語るのもよくないです。
大災害に関して、無事でありたい、みんなが亡くならないように祈る事が、人間本来の姿だと思うのです。

私は伊達や酔狂で予言はしていません。
私が予言をブログに書いても、読む人が少ないから予言を知らないのです。
私が御法話会で予言をお話ししても、御法話会に参加しないから予言を知らないのです。
今、本を執筆しています。
私はその本の中にこの先の大きな予言を書いています。
本を売る為とかそういう為に予言は書いていません。
その予言をしたという値打ちが大事だと思ってます。
もしかしたら80%しか予言が的中しなかったと言う事もあるでしょう。
それでも20%岩満羅門の予言は当たらなかったと言われても、80%当たっていれば、私は皆さんのお役に立ったと思います。
御縁があるともっと素晴らしいのですが。

どうか、このブログを読んで予言についてよく考えて、十分注意をしてください。
そしてブログやこれから出す本を読んで、予言を大事にしてください。
あなたの道しるべになると思います。

羅門

予言は人の為になる

ブログを書ける時に書いていますが、このブログを見ている方は本当に少ないです。
今度のように地震や災害や何か事故がある時しかブログを見ていただけません。
普段の平穏な時も大事な法話があります。皆さんの為になる話をしているのですが、何故か事件の時だけ興味をお持ちになる様です。
私のブログを見ていただけるという事は、有り難い事ですが、事件の時だけというのは、悲しく、寂しい限りです。

今度の熊本地震もそうですが、私が一番最初に口にしたのはもう四年も前です。そして四年間の間に地震の事で、南海トラフの話もしましたし、九州の方、沖縄の方、長崎も来ます、北海道、東京も来るという風に私は言いました。
人間の生きていく間において、地震を知らない人もいれば、大地震の被害にあった人もいる、要するに全て運なんです。
それで一番悲しい事は、このような天災・災害が起こった時に、お亡くなりになる方がいるという事です。
なんと悲しい事かと私は思います。
ところが、この自然界というものは人間の人数を減らそうとする様な、そういう惨い事が行われる事があります。
ですからこの地震もまだ大変なのが来ます。
地震が来ないという話はしていません。必ずどんどん来ます。
普段はそういうことを意識しないで生活していますから、どんと来ると吃驚するわけです。と同時に普段、どの様に備えたらいいのか、どの様に災害から自分を守るのか、そういうことを毎日考えている訳にはいかないわけですから、誰でも必ず出来ることは、備えあれば憂い無しで、地震は来るものと予測をして備えておくと言うことが大事です。
そして一番注意しなければいけない事は、自分の命です。命を守って何処に行けばみんな集合できるかを考えておくべきだと思います。
そして集合するという事は、団体行動をしないと被害が酷くなります。ですから市ならその中の何処、例えば何とか公園なら何とか公園へ避難する、そういうようにどこか場所を決めておく事が大事ですね。

私がこういう事を書いているという事は、皆さんに注意して欲しいからです。
御法話会では年頭からお話ししているのですが、これから地震もまだ来ますし、今年は雨の被害が多い年です。
そして細かく小さな飛行機が落ちています。
TVで解説する方が連鎖反応があると言っています。その連鎖反応が必ず人間に不幸をもたらしてしまうんです。
飛行機の事故が連鎖反応するという科学的な意味はゼロです。
ただ、霊学的に言ったら連鎖反応は完全に聖霊界で行われていますから、確実にあるんです。その理由を書く事はしませんが、確実にあるんです。

こういう災害があってお亡くなりになる方がいる。寂しい、本当に寂しいです。私も今回の地震によってお亡くなりになった方に、影ながら手を合わせたいと思っております。
もう不幸な事はたくさんです。不幸はいりません。

自分の身を守っていこうというお気持ちを持っては如何でしょうか。
心から安全を祈り、人の幸せを祈り、謙虚な気持ちで生活していく事を願っております。
人間は幸せになるのがへたくそです。幸せになる努力をなさるのでしょうけれど、全然決め手がないですね。そして何事も飽きてしまうんですね。
祈りなら祈り、信仰なら信仰をしっかり持っていれば、下手ではないんです。
どうか自分を大事にしてください。そして色々な方も大事にしてあげて下さい。

私に会う事ができれば会って、どうか縁を持ってください。
聖霊界とのきちんとした縁を持つという事です。
そうすれば災害や色々な事から護れる。そう思っております。
皆さんがお幸せになりますよう、ブログをご覧になった方お一人でも、聖霊界と御縁がありますよう祈っております。

羅門

私が予言しているのに

前からお伝えしている様に、とうとう東京湾に直下型の地震を感じました。
直下型はそんなに横揺れはしません、その代わり下から突き上げてくる様な、上下に揺さぶられる様な感覚があります。
それから申し上げておきますが、この直下型の地震というのは、東京湾だけでなく、東京湾から100キロくらいの円を描いた位の所に同時に、二つ・三つの地震現象が出てくる時があります。
そして、この地震も数カ所に散らばって日本に起きる様になります。少し多方面に発生してきます。数ある地震の中に、大きな地震がある場所が出ると必ず、人命に関わる事が出て参ります。それによって命を落とさない様にご注意をなさる事が必要でしょう。

今回の水害の事も、私はずいぶん前からお話ししてあります。
台風は小さい大きいは関係なく、10月に入ってもまだ来ます。
そして気象現象はこれからも極端な現象が出てきます。極端な災害、極端な風、極端な地震。
それから今年の冬も、元々雪国と言われる様な所は、恐らく雪が積もる量が例年の倍近くなってくるのではないかと予想されます。気象庁は長期予報で発表していませんが、雪国と言われる所は、今年と来年の初めは大変な事になると思っております。

一番私が気にする事は身の安全です。
私は一般の方まで御護りする事は出来ませんが、私の所に在籍している人は、必死で護っていきます。
ご自分の身体と魂を大切になさって頂きたいと思います。

羅門

授宝師と年頭祈願

先月10月26日に、この八尊光倫会において三十年以上経ってやっと、八名の授宝師を世に出すことが出来ました。
もっと早く認可をする予定でしたが、熟考を重ねた末に認可を致しました。

超霊力という物は非常に自然な物ですし、聖霊界の物です。人間が生み出そうとしてもできるのもではありません。一人一人、個人的にそう言うパワーを持てる素質がある人、色々な事の条件が揃わないと、授宝力というパワーを持つ事は不可能です。
そして第二・第四の日曜日に、授宝師は来山して力の補充をしていきます。
そして、私との間に力の伝達が重ねられていき、パワーを受け止められるだけの、宝的な物を宝数珠として、腕に持つように授けました。
これは、私との力の維持を示す物でして、それを持っている授宝師の身体からは、熱と大きなパワー「授宝力」を伝達して貰えることが出来ます。
その様な大変貴重なことの経験を皆さんがされたら、それは素晴らしいことだと思います。御体感下さい。
そういう授宝師が誕生して、授宝力を持って、頑張っていくと言うことを、申し上げます。

それから、八尊光倫会におきましては、色々な種類の年頭祈願がございます。
病気の事が無いように、病滅と言う祈願がございます。
それから、個人の一年間の安泰を願う祈願も致しております。
ご商売、株式の繁栄と繁盛を願う祈願も致しております。
そして申し上げたいのは、今この世の中は特に子供達にも、どの様なことが起こるか予測出来ません。それに、相変わらず危険ドラッグ、暴走的な運転などで子供達が怖い目にあったり、誘拐されたり、行方不明になったり、命を失ったり、学校内の色々な問題が起きたり。とにかく子供達に災いが降りかかりすぎています。そして、それらを親が守ろうとしても、今は守れる状態では無い訳です。
平和である、平和を望む。それが、人の声であったとしても、実際に毎日毎日嫌なニュースが目に、または耳に入ってきます。子供達の悲劇、子供達の恐怖、子供達の災難、それを守る為に、年頭祈願として交通安全災難回避排除祈願があります。
交通というのを頭に持ってきていますけれども、全般の災難に関するそれを防ぐという祈りの御札がございます。それをどうか皆さんも、特にお子様もお持ちになって頂けたら嬉しく思います。

色々な不幸なことがいっぱいあります。世界的な伝染病があり、または国と国の戦いがあり、色々な地獄のようなことがいっぱいあります。しかし、その中でもあなたの為に祈る、あなたの目印に御札があり、その御札の祈願をして、一年間を祈る。こういう事を私の勤めだと思って頑張っています。

とにかく、皆さんのお幸せ、そう言う事に関して、誰があなたの為に祈ってくれるか、あなたの為に誰が祈るのか、そして、祈りというのは必ず通じます。私がいます。私が祈ります。
あなたの為に私は年頭の祈りを致します。

今回は、授宝師の件と一年間の年頭祈願の事をお知らせしておきます。

お分かりにならないことがありましたら、事務局の方へご連絡下さいませ。

羅門

あまり嬉しくない春  護られることによって乗り切れる

いよいよ桜の季節がまいりまして、やっと春の花を見ることが出来ました。

雪の災害におきまして、八尊光倫会も1メートル以上の雪が積もり、凍りまして、一番上の屋根から二階の屋根へ、二階から一階の屋根へと氷の塊となって落ちました。それによって瓦が破損いたしました。
そのように異常気象というものは色々なところに迷惑をかけ、ひとつの恐怖として国民に襲いかかってきました。

毎年のように問題が起きてきますが、今年は非常に危険な年で、各方面に色々な問題が出てくる年です。
人間は毎日、いろんな事について心配したり、考えたりして解決に持っていこうとしますが、次から次へ出てくる災害のような問題というのが、今年は本当に多いです。
飛行機の事故も悲惨でございましたし、交通事故も多く、毎日気が休まるときがありません。
そして今年はまだまだ大きな問題が残っています。
これは必ず襲い来ると確信していますし、今年はそういう不幸な年なのかも知れません。

そういうことを理解した上で、皆さんが一生懸命、神仏をご信仰をなさるということ。
それがどれだけ素晴らしいことなのかを、良くわかっていただきたい。
なぜなら、信じるということは自分を信じるということなのです。
信じている自分が、神仏を信仰するということに意義があるわけです。
手を合わせ祈るということは、非常に人間らしい、人間として尊敬できる姿なのです。
信仰心というものを失えば終わってしまいます。加護も無いでしょう。奇跡も無いでしょう。
ただ、世の中には勘違いをしている人も沢山います。
奇跡というものはそんなにいつも受けられるものでもありません。
そして、ただ八尊光倫会の会員でいれば、何もしなくても奇跡が受けられると考えているのは甘い話です。それは勘違いというものです。
そして、人間には霊格がございます。
霊格が高い人というのは確かに、輪廻転生もしているでしょうし、日常の生活においても素晴らしい行動の上に生活が成り立っていると思います。
ただ、だからといって奇跡が起きたり、加護があったりするものではないです。
八尊光倫会には、教義経論、摂理論がございます。
その教義経論、摂理論をしっかり守ってこそ、奇跡も御加護もあるわけです。
自分の都合によって、八尊光倫会の教義経論を間違って理解する、というような感覚は、観音様にも聖霊界にも絶対に通りません。
そして礼儀正しく、健気な心がなければ奇跡は起きません。
なぜなら、信仰というものに従っていかなければ、観音様は奇跡は起こしてくれません。聖霊界も奇跡は起こしてくれません。
その辺の勘違いはなさらないで下さい。
やはり礼儀正しく、やるべき事をきちんとやらなければ、御加護も無駄だと思いますし、本当の御加護を受けることは無理だと思います。

それから、観音様等のダウンロードの件で不思議に思っていることがあります。
ダウンロードをしても、消してしまうのでしょうか。それで、またダウンロードしているのでしょうか。
これは、一度取り込んだらそのままの方が良いのです。ダウンロードしたら自分の所に保存してください。何度もダウンロードする必要はございません。保存して、いつでもお参りして頂きたいと思います。

来月は役員会も行います。決めていかなくてはならないことが多々出てまいりました。実際にきちっとした規律を決めていこうと考えています。
役員の皆さんと色々決めて、素晴らしい八尊光倫会にしていきたいと思います。

さて、今度の儀式は釈迦祭花祭りでございます。
我々は、お釈迦様の教えに従って生活しているわけでございますから、是非皆さんも、ご家庭で花祭りのことを考えながら、春を満喫していただきたいと思います。

まだ桜があと一週間くらいゆっくり咲いているようですから、少しでも春の潤いを感じていただきたいと思います。

またブログを書きます。

羅門


自然破壊なんか何とも思っていない

私が何ヶ月か前に予知した通り、最近、人間の生活において災害がいっぱい出てきています。例えば集中豪雨も出てきます。桜島でも年間爆発回数が過去最高になったそうです。

続きを読む

御法話会 2009.2.8

ブログネタ
日本経済 に参加中!
御法話会 2009.2.8平成21年2月8日 御法話会の動画です。
この御法話は、毎月第2日曜日と第4日曜日の「御法話会・超霊力の日」に行われています。八尊光倫会の会員でない方でも、当日聖尊寺にお越しになることで聞くことができます。
またインターネット会員は、御法話を会員専用の動画にて見ることができます。詳しいことは、聖尊寺ウェブサイトをご覧下さい。
なお、次回の「御法話会・超霊力の日」は、2月22日(第4日曜日)です。

続きを読む

羅門の予言 2008.10.13(その1)

ブログネタ
ジュセリーノの予言 に参加中!
9月13日に、愛知県の岡崎のほうに大地震が来るということを、ジュセリーノ氏が発表しました。それについては、大変な恐怖を皆が持ちました。そして、その恐怖を持って、私のところに質問のコメントが無数にまいりました。それに対して私は「来ないものは来ないから、安心して生活してください。来ません」と、頭から否定しました。
しかし今ここで、私は何をしているのだろうと、自分で自分に嫌悪感を感じるのです。その理由は、確かにご質問には答えましたが、それでどうなったのだろうかと思うのです。
私はそのご質問に答えるなら、テレビならテレビで全国にきちんとご説明をするような時間が欲しいとは思っています。

続きを読む
アクセスの多いページ
  • 御本尊 聖観世音菩薩 尊像ダウンロード
  • 東日本大震災御供養 釈迦如来尊像ダウンロード
  • 魂の涙 加羅羅観音(水子供養)尊像ダウンロード
吉祥輪廻日

羅門の実行言葉
あなたの生年月日と性別は?


日生まれ
男性 女性
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ