八尊光倫会 聖尊殿堂

カテゴリ : 煩悩

御彼岸感謝について

今年の御彼岸につきまして、非常に私自身がこれで良いのかという様な感想を持ちました。
御彼岸というのは御先祖様に感謝をするのですから、その感謝というのはきちんとするべきであります。
八尊光倫会と致しましても、大勢の方が御彼岸感謝御供養のお申し込みをされました。
ところが、二年経っても御供養なさらない、御彼岸の事は知らぬ顔という人がいます。
私は非常に不思議だったんです。
どうして御彼岸に大事な方を御供養なさらないのか。その人の遺影が本堂の中にあっても御供養はなさいません。御供養の為のお姿があるのに御供養なさらない。私はどうしても分からないんです。
ですから、ご信仰からまたは御先祖から心が離れた、という事で結論を持つ事にしました。
御彼岸の日と今月第四の御法話会は、お申し込みのあった方の為に私が御供養致します。
なさらない人がいるという寂しい気持ちで御供養するのも私が空しく感じます。

それから、物には必ず順序があるという事を人生で感じて下さい。
一を知って十を知るというのは頭脳や知恵の事ですが、物事には一の次は二、その次が三と順番という物がある。
ところが理不尽な方は順番を間違えて、十から始められて一に戻る方がいます。人生というのは順番があるんだと認識して行動しなければいけないのです。
そして、皆さんよく甘えていると言う言葉を使いますが、人に甘えているという事は自分の至らなさを埋める為に頼る訳です。
実際そういう事を甘えていると表現されます。本当は自分自身に甘えているんです。自分自身が駄目人間なんです。自分が駄目だから人に頼るんです。
人に頼る内容が愛情とか恋とかそう言う様な意味で頼る事は可愛い事です。
しかし、人生の生活の事について自分を棚上げして人に頼るという様な事は単なる依存心です。
依存心というのは煩悩にあります。
煩悩の中には本当に自分が甘いだけに、自分を甘くして、人様も甘く見てるという煩悩があります。
どうかもう少しお利口さんになっていただきたいと思います。
こうして私が皆さんの行動を見ていると、とっても空しいときがあります。
どうか御自分でもうちょっとしっかりお考えになっていただきたいと思います。

羅門

4月12日 羅門聖霊界霊鑑託宣

羅門聖霊界霊鑑託宣
 4月12日
御守護仏
普賢日
煩悩
続きを読む
アクセスの多いページ
  • 御本尊 聖観世音菩薩 尊像ダウンロード
  • 東日本大震災御供養 釈迦如来尊像ダウンロード
  • 魂の涙 加羅羅観音(水子供養)尊像ダウンロード
吉祥輪廻日

羅門の実行言葉
あなたの生年月日と性別は?


日生まれ
男性 女性
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ