八尊光倫会 聖尊殿堂

カテゴリ : 祈願

授宝師と年頭祈願

先月10月26日に、この八尊光倫会において三十年以上経ってやっと、八名の授宝師を世に出すことが出来ました。
もっと早く認可をする予定でしたが、熟考を重ねた末に認可を致しました。

超霊力という物は非常に自然な物ですし、聖霊界の物です。人間が生み出そうとしてもできるのもではありません。一人一人、個人的にそう言うパワーを持てる素質がある人、色々な事の条件が揃わないと、授宝力というパワーを持つ事は不可能です。
そして第二・第四の日曜日に、授宝師は来山して力の補充をしていきます。
そして、私との間に力の伝達が重ねられていき、パワーを受け止められるだけの、宝的な物を宝数珠として、腕に持つように授けました。
これは、私との力の維持を示す物でして、それを持っている授宝師の身体からは、熱と大きなパワー「授宝力」を伝達して貰えることが出来ます。
その様な大変貴重なことの経験を皆さんがされたら、それは素晴らしいことだと思います。御体感下さい。
そういう授宝師が誕生して、授宝力を持って、頑張っていくと言うことを、申し上げます。

それから、八尊光倫会におきましては、色々な種類の年頭祈願がございます。
病気の事が無いように、病滅と言う祈願がございます。
それから、個人の一年間の安泰を願う祈願も致しております。
ご商売、株式の繁栄と繁盛を願う祈願も致しております。
そして申し上げたいのは、今この世の中は特に子供達にも、どの様なことが起こるか予測出来ません。それに、相変わらず危険ドラッグ、暴走的な運転などで子供達が怖い目にあったり、誘拐されたり、行方不明になったり、命を失ったり、学校内の色々な問題が起きたり。とにかく子供達に災いが降りかかりすぎています。そして、それらを親が守ろうとしても、今は守れる状態では無い訳です。
平和である、平和を望む。それが、人の声であったとしても、実際に毎日毎日嫌なニュースが目に、または耳に入ってきます。子供達の悲劇、子供達の恐怖、子供達の災難、それを守る為に、年頭祈願として交通安全災難回避排除祈願があります。
交通というのを頭に持ってきていますけれども、全般の災難に関するそれを防ぐという祈りの御札がございます。それをどうか皆さんも、特にお子様もお持ちになって頂けたら嬉しく思います。

色々な不幸なことがいっぱいあります。世界的な伝染病があり、または国と国の戦いがあり、色々な地獄のようなことがいっぱいあります。しかし、その中でもあなたの為に祈る、あなたの目印に御札があり、その御札の祈願をして、一年間を祈る。こういう事を私の勤めだと思って頑張っています。

とにかく、皆さんのお幸せ、そう言う事に関して、誰があなたの為に祈ってくれるか、あなたの為に誰が祈るのか、そして、祈りというのは必ず通じます。私がいます。私が祈ります。
あなたの為に私は年頭の祈りを致します。

今回は、授宝師の件と一年間の年頭祈願の事をお知らせしておきます。

お分かりにならないことがありましたら、事務局の方へご連絡下さいませ。

羅門

時事放談 2008.10.29

初めに申し上げますが、今日は占いが良いとか悪いとか、そういう話をするのではありません。

「高島易断総本部」名乗る「幸運乃光」に賠償請求 読売新聞

この2〜3日、新聞やテレビで「占い」ということについて話題が出ております。私は、どうもこういう問題は、後を絶たないと思います。報道によると、「高島易断総本部」などという名称で言われております、この占いの場所で「祈願料」とかいう言葉を使って、非常に高額な金銭問題を起こしております。
しかし占いというものには、本来は「祈願」というものは存在しないのです。

続きを読む

羅門が語る病気の事 第3話

羅門が語る病気の事
「大法行」「御祈願」という表現では、私の「超霊力」の威力が伝わらないようです。はっきり申し上げますが、私は医者ではありませんから、医療行為は一切いたしませんし、出来ません。医師法に違反するようなことは出来ませんし、そのような技術もありません。薬に関する知識もありませんし、薬事法に違反するようなことは出来ませんし、いたしません。しかし、人間の魂に関することはベテランだと思っています。自分で言うのも何ですが、きちんとした理論も持っていますし、「魂の世界」を知る者としては、私の右に出る者はいないという自負もあります。たとえ今、日本においてどんなに霊に関する話を知っている人がいたとしても、人を救う「力」を持っている人はいらっしゃらないでしょう。

続きを読む

羅門が語る病気の事 第2回

ブログネタ
がん患者 に参加中!
羅門が語る病気の事
先日から、私が病気に対して感じていることを書いていますが、最近思うことは、病気の難しい問題を「神仏の力で解決しよう、あるいはお願いしよう」と思う人が極端に減った、ということです。
例えば、私のホームページの中でも「ガン・難病専科」という、そういったご病気に関して悩んでいらっしゃる方向けのコーナーがあります。毎日、何らかの病名でインターネットで検索をして、私のホームページにたどり着いて見る方がいらっしゃるようです。胃がんとか肺がんとかいう病気から、聞いたこともないような長い病名まで、いろいろな検索の跡があるようです。しかしそういう方に言えることは、そのご病気に関するページは見ているのに、私のところでそのご病気に対してどのような祈願ができるのかとか、私と会って、直接話をするにはどうしたらいいのかといった、病気の問題を解決するための文章を見る方が、ほとんど見受けられないということが、データで上がってきています。

続きを読む
アクセスの多いページ
  • 御本尊 聖観世音菩薩 尊像ダウンロード
  • 東日本大震災御供養 釈迦如来尊像ダウンロード
  • 魂の涙 加羅羅観音(水子供養)尊像ダウンロード
吉祥輪廻日

羅門の実行言葉
あなたの生年月日と性別は?


日生まれ
男性 女性
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ