八尊光倫会 聖尊殿堂

カテゴリ : 神仏

事故多発の時期、水害が待っている怖さ

どうやら梅雨に入ったようですが、「梅雨入り」というのもはっきりしません。
皆さんの知識の中で梅雨入りというのはいつなのかご存じでしょうか。実際に梅雨に入った日にちは、9月から10月くらいにならないとはっきり分からないのです。気象庁で今言われる梅雨入りというのはあくまで予測なんです。今はっきり梅雨に入りましたとは言い切れない世界なのです。
そんな世界の中で我々は生活をしているのです。
とにかく世の中がめまぐるしく動いております。
ロンドンの高層ビル火災、とても大変な事です。
今年はテロ事件がどんどん増えて、ヨーロッパの観光旅行はどんどん減っています。
日本にテロは来ないのか、という事になるとそんな事はないです。テロは来るでしょう。
テロに対する準備をしたくても準備は出来ません。
故に「運・不運」この言葉で決まってしまうものなのです。
「運が良い」という事は「神仏に護られている」という事です。
護られていればテロの側にはいないでしょう。それは人間の定めですから、その人の持っている力、護られている力、それが左右するのがこういう出来事です。

そして東名の観光バスの事故、空から自動車が降ってくるんですから事故になるでしょう。
私は、交通安全というのは完全に護らなければいけないと思っています。
私は年頭祈願で交通安全祈願のお申し込みをした方の事はとにかく護るんです。
それでも交通安全祈願をせず横を向く人は沢山居ました。もちろんその人の自由ですから、護らなくてもいいなら護りません。そして交通安全祈願をしてあるからという理由で、無謀な事をされてしまっては、護りたくても護れない場合が御座います。残念ですがそれもその方のご意志です。
突発的な事故は、護られていないとそういう事故に遭遇します。

護らなければいけない人を、必死で護っていく事が私の主義・観念です。
護ると言う事は色んな事に通じます。
今度もある方の大変な大法行を致します。これはその方の生死に関わる大法行で、ご本人は大きな手術をします。それに対しての願いです。祈りの力です。その人の生命を護り、手術を護っていくのです。
中には私の言う事を全く聞かない人もいます。そういう人はメンバーから外れてご縁が無くなってしまうのでどうなっているのか分かりません。
ただ、厳然とこの信仰の道をしっかり踏まえている人は、しっかり幸せに生きて行かれます。
みんなを護る、世界を守る、そんな力は私にはありませんし、それは不可能です。
ただ私を囲むメンバーは、私が護っていきたいと思っています。この継続は八尊光倫会にとってずっと続いていくでしょう。

今年の梅雨はだらだらするかもしれませんが、とにかく局地的な雨が多くなります。それによって水害が凄く多いですし、子供達の水の犠牲者もいっぱい出ます。悲しい事です。こういう現象が分かっている時は私も非常に暗い気持ちになります。

私も多忙な故、なかなかブログを書く時間がありませんが、怠けているのではありません。また書ける時にブログを書きます。
その時まで皆さんどうぞお元気でお過ごし下さい。

羅門

恐怖の波が来る日本

ブログを久しぶりに書きます。
日本で大変な問題になりました。湯川さんと後藤さんの壮絶なる死です。
これに関しては日本は手を出すことも何もできまん。
それは日本の法律がそうなっているからでしょう。
私は以前から何ヶ月も前からイスラム国は日本へくると、必ず影響がでてくるということを法話でもブログでも申し上げたはずでございます。予言者というものは先が少しずつ見えるのです、その先を少しずつ見てる感覚が言葉になっていくのです。その予言が当たるとかあたらないとかいう言葉をよく使われますけれども、予言は当たる問題ではない、そうなることなのです。ですから、宝くじのように当たるとか、易者のようなことであたるという表現の仕方は間違っていると思います。
予言のようになったということ、起きたということを表現していただきたいと思います。
そして、予言的にこれからのことを申し上げますと、これで日本がどのようにこのような問題に対処していくかということを、イスラム国は全て読み取ったと思います。絶妙な駆け引きをもっている集団ですね。もっとも国ではありませんから集団です、テロ集団です。
日本にはテロ集団がなかったかというと、オウムがテロ集団ですね。
オウムは宗教ではありません。テロ集団です。
それから、細かいことだとテロ的な殺人とかそのようなことが、国内でもありました。
そしてこれからは、外部から3・4人が密入国して、全然わからない人達によって、部分的なテロが行われる可能性が十分にございます。
むしろ日本国はテロ攻撃するならば、ずいぶん優しい国だと思われている。
日本の法律上、テロ集団にも今回のように向こうで殺人があっても、救い出すとかそのようなことはできない。
国民も見ているなら見ているだけ、ということがこのような結果になったのだと思います。

さて、それから別の予言を申し上げますと、天気の問題です。
これも以前から書いていますが、大きな台風があります。
台風の形がハリケーンのように巨大化されてくるのが、これからの台風になります。
日本の家屋は木造でできていますから、相当な被害を受けることは間違いないと思います。
水の災害は津波のように強烈なものが、水害と表現されてくると思います。

それから政治のことにはあまり触れたくありませんが、これから格差が出てきます。貧乏とお金持ちの差がはっきりしてきます。中間がなくまります。
それから男性が弱いと、肉食系だとか草食系と言われますが、これからの男性はやはり弱々しい。それからサラリーマン的なサラリーマンすぎる男性像はだんだん破壊されていくだろうと思います。
個人個人の男性が立ち上がっていかないと、この日本は駄目だと身体で分かり始めていると思います。
女性はもっともっと女らしく、優しく。それほど遡らなくても良いですが、昭和初期の、初々しい女性像というものが、これからは求められてくると思います。

それから、やはりどんなことがあっても信仰を持つということ。
信仰を持つというのは自分の幅が広くなることです。
宗教という表現でなく「信仰」と言う表現が一番良いと思います。
心配事も色々なことがあっても、例えば夫婦の間であっても、その横に信仰というものがある。ご兄弟の間でも信仰というものがある。
正しい信仰をしていれば、神仏というものは一体的なものです。
ご自分の意志で、神仏の力、聖霊界の力を借りて幸せになろう、幸福になる努力をしようと信仰していれば、聖霊界にはその力がありますから、超霊力が届く。超霊力というものは超越する、越えていくことが超霊力の超なのです。超というのはそういう意味です。
霊力はどういうことかというと、霊というのはみなさん怖い夜のお話しのような霊を考えますが、違います。
魂です。魂なのです。
ですから、頭の中で切り換えなければいけません。
聖霊界の超霊力は確かに存在しています。
魂の力だということを、しっかり頭の中に心の中に留めておいていただきたい。
みなさんはすばらしい人です。自分がそれにお気づきにならない。
努力が2・3歩足らない努力なのです。あと2・3歩前に進んで踏ん張ればできる、そういう努力をもっとこれからすることです。
何かに任せるという感覚は駄目です。
努力は自分で進んでいくのです。それが大事なことだと思います。努力は自分の宝です。
がんばりましょうね。
超霊力はあなたの身の全てに届きます、これが本当に聖霊が神仏に与えた力です。
ですからどうかご信仰なさいませ。
そして、光をみなさい、
自分の自信をお持ちになって下さい。

私のところに星魂術というのがございまして、毎日毎日その日の動きが出てきます。ホームページにあります。
少しだけ気にとめると動きやすいです。
これは御霊示ですから信じて動いてください。
ただ言えることは、良いことばかりではありません。良いこと悪いこと、半々になるかと思います。
今日はこれを注意しようとか日常的な毎日の中で気に留めておくことが大事です。それを是非お探しになって、そのなかに自分の生活の参考になさったらよいと思います。
残念ながら、ブログを見ている方が少ないです。そしてダウンロードできる画像も30・40人の方がしているだけです。
本当にもったいないことだと思います。

今これから、この超霊力、神仏の世界、聖霊界のこと、そして幸せというものは何か、仕事とは何か、そういう大事な人間の生きていく拠点になるようなことを出版する計画を始めました。
これは内容によりますが、今の世の中を考えていく題材です。10年で大きく変わってしまいます。その変わった時に、人間はどのように生きていったらよいかと言うことをアドバイスしていきたいと思います。

余談でございますが、離婚がどんどん増えています。
何秒何分に一組が離婚と発表されていますが、そういうことはやはり生活がきちんとして、心の準備をしてからの御結婚でないからそのようなことになるのでしょう。
ただ、結婚というのは、一人一人が50・60回もするものではないのですから、例え離婚が1度あってもへこたれないで下さい。バツ1バツ2と言葉で表すこと自体がつらい感覚を持ちます。もっと明るく1ステップ2ステップとお考えになったらどうでしょうか。
けれども、1ステップの方は2ステップはやめましょうね。
羅門のこのブログは最後は笑って終わりたいですね。

まとめましょう。
今日のこのブログで言いたいことは、イスラム国は必ず来ます。日本中でテロが発生します、
日本もそうですが、おそらくこの東南アジアに沢山来ると思います。彼らは完璧に戦争だと思っています。
私は今まで戦争が起きるということは言って参りました。
世界中どこでも戦争はしてますけれども、そんな断ち切れるような戦争ではなく、陰惨な地を這うような動きの戦争がこれから増えて参ります。
日本は標的になっています。
護れるのは神仏しかありません。
聖霊界の信仰を持つあなたを護る為に私が頑張りましょう。
私も頑張りますから、あなた方もがんばるのですよ。

羅門

昨今の危険な事 そして神仏の世界に近づく

今日は久しぶりに皆さんにお目通りいたします。

昨今、日本中が気にしております地震の問題ですが、何回も言っておりますように、私は以前から予知予言でお伝えしていました。
最近になってやっと、科学者達も予知を始めていますし、皆さんはそう言う事も参考になさると思います。しかし、地震は何処で起こっても、もうおかしくないのです。
私の中で一番気になる所は、再び福島周辺です。

それから、気象の件も何回も申し上げましたけれども、台風はもう非常に小型になります。なぜかと言いますと、今まで台風は大きなものとして考えてきましたけれど、これからは今までの台風は小型として考えられる様になります。それはハリケーンのように、hPaが850〜860くらいのものになってくるだろうと思うからです。そうするとハリケーンとか、サイクロンの様な、巨大なものに変わっていくでしょうし、もうそれが始まってくると思います。

先般、広島の方であのような雨があって、被害が出ました。お命を落とされた方が沢山いらっしゃいます。その一方で、その大雨を知らせるのが遅かった、間違っていたというような発表がありました。
この世の中で、そんな事があって良いのかと私は不思議に思います。
日本で土砂崩れが起きてもおかしくないと言われている場所は、なんと52万箇所あるそうです。本当に数が凄いです。ですから、皆様のお住みになっている横の小さな川でも、小さな山でも、52万箇所に指定されている場所があるかもしれません。そこは土砂崩れ等があって、不幸の源になるかもしれません。とにかく注意をして頂きたい。絶対的な注意をして頂きたいと思います。
人間が逃れられない災害が起こってくる中では、神仏にすがるしかないであろうと、私は思います。まさしく、運を天に任せるという時代に変わりつつあると言うことなのでしょう。

それから、ホームページの中に、星魂運勢というものがあります。注意をしなければならない事が現れて参ります。これは毎日変わって参ります。それを生活の中に取り入れて、皆様の解釈で十分ですから、今日はこういう日だな気をつけなくてはとか、どこかへ出かけるなら出かけて良いなとか、そう言う判断をして頂ければよろしいと思います。経済的なご負担がかかるわけではございませんから、是非それをご覧になって、毎日の生活の一つの楽しみにして頂きたいと思います。
そして観音様や、災害に遭われた方の御供養とか、加羅羅のお参りのダウンロードをする所もございます。良くその内容を調べて、見て、覚えて実行してみて下さい。
本当の意味で、きちんとした御供養をご希望の方はお問い合わせ頂ければと思います。
また、八尊光倫会には、縁籍会員インターネット会員という制度がございます。インターネット会員は遠方で御法話会に参加できない方ですので、本堂にいるのと同じように動画で法話を見る事が出来ます。
それから何かご心配な事がある時は、ご相談を受け付ておりますので、事務局宛にお問い合わせ頂ければ、先生方の指示をお伝えいたします。御来山は、縁籍会員もインターネット会員も、ご連絡頂ければご自由です。是非ご入会なさってください。

嫌な言葉ですが、常に危険な事が広がっています。この間も書きましたように、人間が犬を刺す。その様な残虐な心を持っている人間が、この地球上にいっぱい居るという事です。そうして、ヨーロッパの方では戦争と称して、人と人が殺し合いをしてるという事が事実です。日本は平和ですから、そう言う事をあまりお感じにならないかもしれませんが、小さな子供達も死んでいくんです。それが現実です。その現実から目を離さないで、それも良く見て、自分たちの幸せ、自分たちの不幸、そう言う事について、心の中で考えなければいけない事がいっぱいあります。
所詮人間は、人間を守る事は出来ないんです。言葉では守るというかもしれません。しかし人間を上から見守り、その人間の運命的なもの、そう言うものに携わっていけるのは、神仏の世界だけです。
そうしてあなたの身の回りに漂う、超霊力があなたの運命を決めていくのです。ご信仰というものは、洗脳ではありません。皆さんのお心の中にあるものを、大事にしていく事が、私は必要かと思っております。どうか、ご自分を大事にすると同時に、神仏をお大事になさり、意識してくださいませ。幸せにならなければかえって罪です。
どうか、せめてインターネット会員におなりになって、私との距離を詰め、私の法話も聞いて下さい。是非、ご入会お待ちしております。ご案内はホームページの中にありますし、事務局にお訪ねになっても結構です。とにかく、皆さんが色々と悩んでらっしゃったら、それを解決しましょう。ご病気で悩んでらしたら、それを癒していきましょう。私はそれが、聖霊界の超霊力だと思っております。

まだ、沢山書く事はありますけども、時々書いた方が良いと思っておりますので、またご覧下さいませ。
また近く、お目にかかりましょう。

羅門

日本人の心は終わった 盲導犬に人間としてひれ伏して謝りたい

この世の中には、善と悪、その2つが存在することは、このブログを読んでいらっしゃる皆さんも良くわかっていると思います。
しかし、この悪にも善にも、どうすることも出来ない人間の怒りと、それから憂いと色々なものが交差しています。
この2・3日、凄いニュースが私の目に入ってきました。

この世に明かりがない、目の見えない方が一生懸命この現世を生きています。
そして、その現世を生きている人を助けるのは、盲導犬という犬です。
盲導犬は絶対に人に噛みつかない、怒らない、吠えない、その様に育てられ、そしてしかも人間をうんと好きになる様に、人間が好きで好きでたらまなくなる犬に育つ様に訓練所で育てられ、そして厳しい訓練を通り抜けて、目の御不自由な方の、目になり手になり足になり、そして心まで通わせて子供同然、兄弟同然、親子同然の様な生活をして、「犬か人間か分かりません。」と言われるくらい素晴らしい情を持って生活しているのです。
その盲導犬を、何故刃物で人間が刺すのでしょう。何カ所も犬の身体を刺し、傷を負わせる。
何故なんですか。何故なのですか。
犬が何をしましたか。そして、それを見ていた人もいるはずです。何の注意もなく、怒りもなく、そんな人間がこの世の中にいっぱい居ると言うことが、人生の中で驚愕せざるを得ません。情けないやら、余りにも寂しいやら、悲しいやら、どうして良いか分からない。
盲導犬が見ず知らずの人間に刺され、出血する。その意味が分かりません。
そんな人間がどんどん増えてきたんですね。
目の見えない方のご不自由さを考え、人間を好きになるように育てた犬を刺すと言う事は、これは人間ではない。本当に人間ではない。狂った悪魔なんでしょうね。この人に私はどうしても会いたいと思いますし、話をしてみたいと思います。犬のことをどのように考えているかを聞きたいです。
私は、信仰、神や仏の世界にいる人間として、怒りを持ってはいけないかもしれない。でも、刺されても怒りも持たないで、ご主人について歩いている、盲目を助ける盲導犬を刺した人間に私はどうしても会いたいです。
本当に何処まで酷い話でしょうか。

でも、このような話をしても、皆さんも恐らく分かっていらっしゃると思うのですが、余りにも反応が無いですね。
そんな惨い事、そう言う事に関して日本が慣れてしまったのでしょうか。
寂しくて悲しくて惨めで、この話を前に進める事が出来ません。
と同時に、私の知人が言いました。「日本は終わったね。良い日本はもう何処にもない。終わってしまったね。」その言葉が妙に私の心に響きました。
人間は、仏や神を信仰していく生き物です。そうして、自分の足りない所を仏や神にすがり、信仰していく健気なその姿は、もう日本人に無いのでしょうか。

そして今、盲導犬を頼りにしてらっしゃるその方にもお会いしたいです。
どんなに悲しかったか。慰めて差し上げたいです。
私は本当にこの盲導犬に会いたいです。そうして人間である私が、心から謝らないといけないと思います。その様にしたいと思っております。

盲導犬には、人間としてひれ伏してでもお詫びしたいと思いますが、自分の子供を産んでおいて、その子供を殺す、虐める、痣が付くまで叩く。そういう親があまりにも大勢います。
日本はどうしたのでしょう。どうもしません、日本の国民が、ただ狂い始めただけです。何か何とも言えない胸騒ぎがします。

これから恐ろしい台風、ハリケーンが来ます。9月は今の所は静かですが、大きな台風が来ます、ハリケーンが来ます。
これは、人間の力では自分で自分を守れません。仏や神に護って頂くしかないんです。それこそ、謙虚になり、自分の運命を護って頂けるように聖霊界と縁を結んで下さい。仏や神に護って頂ける、それが超霊力です。

土砂でお亡くなりになった方々も、本当におかわいそうでした。

これから地震が来ます。この地震については近々書きます。
もうお話ししないといけない所まで、とうとう来てしまいましたね。
何か嫌な話ばかりで心が曇ります。
どうか皆さん、日本を立て直してください。
愛情というものを確立して、自分の心の中の、愛というものをもっと前面に出して、人にも動物にも、友達にも誰にも、愛を与えて素晴らしい人間になって下さい。
犬が、心ない悪魔に刺されても一言も鳴かず、ご主人の為に耐えて、血を流しながら歩いている姿を想像して、涙が止まりません。
そして、人間の余りにも愚かなる行為に、皆さんも心から犬に詫びて下さい。

羅門

運・不運と超霊力(魂の力)

ご存じの様に、大きな飛行機事故がありました。謎の飛行でその飛行機は海底に沈んだまま、人も発見されていません。
そして今度は大きな船の事故。子供が何百人も亡くなっています。
こんな事が地球上にあって良いのでしょうか。こうして人生の中に起きて良いのでしょうか。
でも現実は、毎日のようにその様な事故が、大小なりとも地球上に起きて、人間の人生に大変な事故・事件として降りかかってきています。
皆さんは、お茶の間でTVを見ながら何を考えているのでしょうか。
自分でなくて良かったと、ただ他人事の様にTVを見て、自分の安全を安堵するかもしれませんが、それは大きな間違いです。

ここでしっかりと人間の人生というものを振り返ってみたり、これからの自分の人生を考えてみたりすることが、とても大切なことだと言うことを分かって頂きたいと思います。
一秒・二秒の差で人生は変わっていきます。悲劇が訪れます。事故というものは直ぐ側に来ています。これはやはり全て原因があるとは思いますが、運というものもあるでしょう、不運というものもあるでしょう。

では運を招くにはどうすればよいのか。
運は力です。
その人間の持っている、超霊力という魂の力。そして、神仏の力である超霊力があるからこそ、
神仏に護っていただける加護があるのです。
この色々な悲しい事故も、他人事ではないのです。いつ自分の身に降りかかってくる不運があるか、それはあなたの超霊力の問題です。
そして当然、自分に加護があった奇跡を感じることが、人間にはあります。
神仏といえども、やはり超霊力を持っていなければ、人を救うことは出来ませんし、人を加護することも不可能でしょう。
我々人間の社会は、色々な力で動かされているんです。
そして、運・不運が渦巻いているんです。それはその人間の生き様が渦巻いていると言うことです。
力強く生きていこうと思っても、超霊力というパワーがなければ絶対無理です。病もパワーがなければ駄目です。免疫力と言いますね。超霊力は免疫力を上げます。
人間は自惚れていたら、それで終わります。
自惚れではなく、自分はこういう風に幸せになりたいと、自分の先を瞑想してみる事は大事です。
こうなりたいと願い瞑想することも大事な事です。
謙虚に、神仏の力というものを信じて、そして、超霊力を実際に自分の体に受け止めて欲しい。
本山に訪れて参拝し、手に宝印を握って、超霊力を充満させて、自分に蓄える。そして人様にも自分の超霊力を差し上げる。そういうお気持ちにならなければ駄目です。
ご生活をされていますから、色々な事情があると思いますが、そういう弁解ではなく、実行すること、来山して超霊力という魂の力を得ること、これが大事でしょう。
私はこの超霊力を、皆さんにお渡ししたいと常々思っていますが、気がつかない方が多すぎます。
どうか、自分に超霊力を身につけて下さい。
八尊光倫会の本堂で、自分の幸せなる姿を瞑想しながら、超霊力を得て、私とあなたが超霊力で
繋がっていくということが非常に大事です。
奇跡というものは、私と繋がっていなければ得られません。
そこを良く分かっていただきたいと思います。
幸せはあなたを待っています、あなたも幸せを待っています。
しかし、嫌な事故は必ずおきます。不幸も起こります。
それは、超霊力の関係です。パワーの関係です。超霊力というオーラのある人間になって下さい。
あなたが持っている超霊力を、第三者でも何となく感じる方は、超霊力を持っている訳ですから、
その辺の認識を人生にしっかり持って頂きたいと思います。
またブログを書きます。

羅門

【3月22日 追記】今日皆さんにお伝えしたいこと 2011.3.20

ブログネタ
緊急!「大地震の教訓」を教えてください に参加中!
予言力予知力予測力

あまりにも世の中に心配事が沢山増えています。
私は今朝、テレビであるチャンネルを見ていましたが、司会者が、この災難災害に関しては1秒から5秒が勝負で、その間が危ない、と言っていました。
確かに、助かる人と助からない人とがいらっしゃいます。おかわいそうな方もいらっしゃいます。これはやはり天に任せるしかない話ではないかと、私は思っております。
とにかく、皆さんがご健康で、事故のないようにご注意されることを、心から祈っております。

続きを読む

おお仏よ救いたまえ(下)

ブログネタ
中居正広 に参加中!
今回は前回の続きでブログを書きますが、前回は、カシアス内藤というプロボクサーをモデルにして、アリスの名曲「チャンピオン」が作られたという話を書きました。
そのアリスは、30年ぐらい前に仲間3人で、活動休止を決めました。それは、堀内孝雄さんが音楽的に行き詰まっていたからだそうです。良い曲もできず、良い詞もできず、良い演奏もできず、良い歌も歌えず、彼はとうとうこの世界を辞めようと思ったぐらいに追い詰められていました。その一方で、谷村新司さんはどんどんヒットメーカーになっていったのです。
それから約30年が経ち、そういうゴタゴタを引きずることなく、先日3人がまた歌の世界で頑張ることを誓い合い、東京ドームでコンサートをしました。その時に歌った曲が「チャンピオン」という、カシアス内藤選手を歌った歌なのです。

続きを読む

世界に類のない神仏の託宣をあなたに贈る

どういう場合においても、人間は右か左か、どちらへ進もうか迷うことが本当にあるのです。それは、毎日そういうことがあると考えても過言ではないでしょう。
よく考えていただきたいのですが、何も迷わずに生きていくなんていうことは皆さんにはできますか?

続きを読む

誤解され続ける神仏の世界(下)

鳥居と桜前回は、信仰ということに対する日本人の考え方が変わってきたことと、神仏の世界には不思議な力が存在するということをお話しいたしました。今回はその続きで、私が座右の銘にしたいと思うぐらい素晴らしいお話をいたします。

続きを読む

誤解され続ける神仏の世界(上)

鳥居と桜今日は少し内容が長くなります。携帯電話の方は大変読みにくいかもしれませんが、少々我慢して読んでいただきたいと思います。

私どもは時代の流れというものを、確かに、痛切に感じております。
神の世界、仏の世界といった真理の世界があって、その真理が集まったものを宗教という言葉で表しますが、どうもこの宗教という言葉を、皆さんが嫌がっているということが最近とても良くわかりました。
続きを読む
アクセスの多いページ
  • 御本尊 聖観世音菩薩 尊像ダウンロード
  • 東日本大震災御供養 釈迦如来尊像ダウンロード
  • 魂の涙 加羅羅観音(水子供養)尊像ダウンロード
吉祥輪廻日

羅門の実行言葉
あなたの生年月日と性別は?


日生まれ
男性 女性
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ